ちまぎょろ獣医日記~しつけ部屋~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

○歳じゃもうムリ?

くれるですか?

お問い合わせや診察ついでの質問で「○歳じゃあもう遅いでしょ?」とよく言われます。

いやいやそんなことはありません。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ

もちろん、しつけは最初が肝心ですし、子犬のときのほうが飲み込みも早いし

怖がらずに新しいことをうけ入れてくれることが多いので楽です。

でも、成犬でもちゃんと手順を踏んで飼い主さんががんばれば「ムリ」ってことはないんです。



もちろん、その子にあわせたゴール設定をしないといけませんけどね。

5歳の超ビビリのチワワの最終目標を「ドッグランで他の犬と一緒に楽しく遊ぶこと」に設定するのはムリです。

実現可能なゴールは「お散歩のとき、他の犬をできるだけ平常心でやり過ごす」ことでしょうか。



実際に

「顔を触らせるなんて絶対にムリです!!」と言い切っていた7歳の柴犬だって目薬をささせてくれるようになりましたし、

なーんにも理解していない状態から10歳からトレーニングをはじめて、

試験に合格した子だっているそうですよ。


怖がりだったりすると特に無理強いはできませんから、ちょっとずつトレーニングを積み重ねていくことが大切ですが

上手にゴールを設定して、少しずつやっていけば、何歳だって新しいことを覚えることはできます。


体に染み付いている、飼い主さんとわんちゃんの悪い癖を取り除くのがまず大変なんですけどね。



そんなわけで、「○歳だとしつけはもうムリでしょうか?」の質問へのお答えは


 「何をしたいかによりますが、飼い主さんのやる気と根気次第です」


悩んでいる皆さん、あきらめずにがんばってくださいね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。

どんな状態でおうちに来たの?

ちびべに

ものすごく間があいてしまいましたね。最近診察のほうでバタバタしてたので、
なかなかこちらまで手と気が回りませんでした。

まあそんななかでも飼い主さんとお話をしていてちょっと気になったことが。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ

うちの患者さんで大型犬と暮らしている人が、
散歩をしていると「その子はどういう状態でおうちに来たの?」と聞かれることがあるんだそうです。
「最初からトイレぐらいできたんでしょ?」

つまり、おだやかな大型犬なら

 トイレ、散歩で引っ張らない、お手やオスワリ

はうちにつれてきたそのときからできるものだと思い込んでいるようなんですね。


同様に「盲導犬なら賢いから言葉が通じるだろう」「賢い犬にはしつけをする必要がない」と勘違いしていたり

犬を飼ったらその日から素敵にお散歩ができて、
ドッグカフェにいったり一緒に泊まりに行ったりして、
かわいい子犬をみんなに自慢ができると勝手な夢を膨らませて
そんな素敵な生活に必要な努力や手間には目を向けない人が多いんですね。

で、実際暮らし始めると、トイレはできないし、噛まれたり吠えられたり、ものを壊されたりして
「この犬って賢い犬じゃなかったの?」と唖然とするというパターンがあまりにも多い気がします。

大型犬はおだやか、かしこいというイメージだけで選ぶと本当に大変です。
(小型犬よりおっとりしている子が多いのは確かですが、子犬のうちは怪獣も多いです)
しっかりと環境を整えられ、犬のために時間を使うのが好きな人でないとオススメはできません。

お散歩に行く時間がない、トレーニングをする気がない、気に食わないと殴る
そういう人に選ばれてしまった犬は本当にかわいそうです。

人ときちんとコミュニケーションがとれない大型犬は非常に危険です。
噛まれたら骨が折れます。肉がなくなります。
同業者でも北海道犬に噛まれて3箇所骨折したり
セントバーナードに噛まれて全治1ヶ月なんてのもありますし、
ラブラドールに噛まれて唇がなくなった人や、秋田犬にかまれて指がなくなった人もいるそうですよ。
(もちろんそれぞれの犬種が悪いといっているわけではありません)

血統書つきなら利口だからしつけがいらないとは思い込まないでほしいものです。

以前「トリビアの泉」で
「雑種犬は主人が倒れても助けないが、血統書付の救助犬はちゃんと助ける」
というような企画をやっていたのですが
「雑種犬=バカ」「血統書付の犬=利口」というイメージを植えつけるよくない企画だと思いました。
これは犬種の向き不向きは多少ありますが、トレーニングをしたかどうかの問題であり
習ってもいないことを急にやってみろといわれてできる犬はいないでしょう。
MIXの子でもすごくいい災害救助犬もいますし、犬種差別はやめて欲しいものですね。

飲み込みのいい悪いはありますが、どんな犬にも一定のしつけは必要です。
教えたつもりがなくても必要なことを覚えてくれる子もいますが
何度も繰り返さないとなかなか覚えてくれない子もいます。

初期設定でしつけができていると思ってしまう人は
犬以外の生き物(猫にはしつけはほとんどいりません)か、バーチャル系をオススメします。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。

かまわれたいときにやること

犬が人の気を引きたいときに起こす行動を

気引き行動(attention seeking:直訳すると注意探知)といいます。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ


その代表に上げられるのが吠えや手でガリガリする行動ですが

他にも

・とびつく
・クンクン鼻を鳴らす
・お手の行動
・服の一部などをくわえる
・ものを持ってくる
・いたずら
・鼻で人をつつく
・わきから顔を出してくる
・お尻を向けて膝の上に乗ってくる

変わったところでは
・おしっこ
 トイレトレーニングでおやつをもらっていたり、おしっこをするとケージから出してもらえると思うと
 少量ずつ何度も出そうとする子がいたりします。

・自分の体をなめる、掻く
 もともとは自分を落ち着かせるためのストレスサインだったりしたものが
 飼い主が過剰に反応することで気引きに使う子もいたりします


これ以外にも「これをやると飼い主さんが自分に注目するぞ!」と犬たちが学習すれば
それを行動としてくりかえすようになります。

ですからまだ完全にそれがクセになってしまう前であれば、
「それをやっても飼い主から無視される」と言う風に学習しなおしをさせれば
その行動をやめさせることができます。

そっちはやめて、こっちのもっといいことをしようねと教えてあげて
そちらをしているのをみたら積極的に反応したり褒めたりすると
ちゃんと新しい行動をやるようになるんです。

犬によっては常に飼い主の注目を浴びていないと気がすまない女優タイプもいます。
気引きにいちいちこたえていると、どんどんワガママにしてしまうことにもなりかねないので気をつけましょうね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。

裏技のポイント

昨日の記事の裏技で「なるほどな~」と思ったこと

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ


それは

人にも「両立しない行動をさせて、好ましくない行動をさせない」をしているということです。

これはよく行動学で犬に使う方法なんですが

 吠える犬に物をくわえることを覚えさせたり

 玄関先で大騒ぎをする犬に、おとなしくマットでフセをすることを教える

というように

  同時にできないことを教え込むことで、好ましくない行動を消してしまおうという方法です。

何かをくわえながら吠えることはできないし、フセをしながら玄関先でくるくる回ることはできないですよね。


それと同じように、対象物を叱る→犬をかまうのをやめる=上手に無視
という流れになっているんですね。

イタズラをやめさせようとやっきになっている飼い主さんに

「犬のイタズラに大げさに反応したり、取り上げようと追い掛け回したり、もっているもので引っ張りっこをしたりするのは意味がないのでやめましょうね。一番いいのは無視することです。」

とだけ言っても

飼い主さんたちは無視ってできないんです。
体にしみついた行動やクセをただやめるってなかなか難しいんでしょうね。
ついつい話しかけたり、触ったりしてしまって結局全然無視にならないんですね。

だから、「このタオルは悪い子だ!」「こうしてやる!」などの台詞を言うようにさせて
犬をかまうのではなくものを叱ることに集中させることで、
結果的に犬を上手に無視することができるようになったということですね。


つまりこの裏技は飼い主さんを犬にかまうのではなく別のことに集中させてしまえばいいので
取り上げた後(とりあえず遊びはストップしないといけないですからね)叱るのではなく、

スリッパやタオルに話しかけ、たっぷり褒めましょう
スリッパやタオルを持って阿波踊りを踊りましょう
スリッパやタオルをマイク代わりに「津軽海峡冬景色」を歌いましょう(選曲はただなんとなく)

でもかまわないと思うんです。

ちょうどイタズラされていて飼い主さんも興奮しているでしょうから、
叱るのが手っ取り早いんでしょうが
この裏技が「歌う」や「踊る」だったらほのぼのでいいなと思ったり。

ただそれだけでした。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。

参照:子犬を叱るコツその1

しつけの裏技

面白い動画を見つけました。

部屋中を散らかすイタズラ犬をしからずに行儀良くしつけられる裏技

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ

パソコンでないと見られないと思うのですが

無料動画で「伊藤家の食卓」で以前放送された 犬のしつけに関する裏技です。

内容としては

スリッパやタオルなど部屋中のものをかじったりする困ったわんちゃんのいたずらをやめさせる画期的な方法!として

いたずらしているスリッパやタオルなどのものを取り上げて、そのスリッパやタオルなどの対象物を一生懸命叱る

というもの。

おかあさんたちの熱演と、思いもよらぬ反応にびっくりしているわんちゃんたちが面白いです。


この方法、人にかまってもらうためにイタズラをする子には効くと思います。

目的がイタズラをして「こらー!やめなさい」といわれて追いかけられることだったり

モノを引っ張りっこして遊ぶことだったりする子であれば、

せっかく飼い主の前で「ホレホレ」とスリッパやタオルをイタズラして見せても

飼い主が自分を無視してスリッパやタオルを一生懸命かまっていたら

目的が達成できないのでやめちゃいます。

別にプライドが許さないからではないと思います。


ただし、単に歯がかゆくて物を壊す子、エネルギーが有り余っている子の場合は飼い主の対応に関係なく噛むと思いますし、

所有欲が強くて攻撃性が高い子であれば、取り上げるときに噛まれたりする危険性もありますので

万人向けの方法ではありません(そもそもすべての犬に絶対効果のある方法なんてありません)。

でも、ちゃんとものを渡してくれる子であれば、試してみてもいい方法かもしれませんね。


この方法をみて、「なるほどな~」と思ったことがひとつ。

それはまた次回。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチッと応援ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。