ちまぎょろ獣医日記~しつけ部屋~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにもかくにも管理から

からまった

年末はあわただしいですね。そんな中、一番増えるのは誤食。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ


本日も

 卵20個  もらい物のチョコレート20包  洋梨10個

お留守番中に食べていたという子が来ましたよ。
大型犬だけあって、やらかすスケールが違いますね。
(ちなみにうちの犬猫のやらかしっぷりはこんな感じ→衝撃の結末

誤食をさせないコツは?




と、聞かれれば

 犬を信用しないで、ちゃんと管理してください

としか言いようがありません。

トレーニングに限らず、犬との暮らしの基本は環境を整え、悪いことをできないよう管理すること。

いたずらし放題の環境においておいて、犬を「バカ」だと怒るのはやめましょうね。

いくらトレーニングをがんばっても、食欲を押さえつけることはできません。
盗み食いはやらない子は全然やりませんが、一度でもやらかした子は絶対に何度もやります。
留守の間のいたずら食い、ふと目を放した隙の盗み食いは管理するしかありません。


いくら怒っても、やってしまったことに対しては効果なし。

「反省しているフリをすればいいんだもんね~」

で絶対にまた盗み食いをします。


とにかく

・短時間だろうと何だろうと、犬と食べ物を一緒にしない

・前科者は鍵のかかる部屋をお留守番部屋にするか、ハウスに入ってもらう

・ゴミ箱はロックのかかるものにする

・頂き物もそのまま置かない(箱入りのお菓子も破壊して食べつくします)


ただおなかを壊す程度なら「またやられちゃったよ~」の笑い話ですみますが

犬にとっては危険なものを食べてしまうこともあります。


特に怖いのは串モノ、針。

意外と胃からわき腹に突き抜けて出てくるということがあるんですが(わき腹が膿んでいるときは串が出た痕であるというのはよく言われることなんだそうです)

腹膜炎になってしまうこともありますし、異物が原因の急性膵炎を起こして数日で死亡、という最悪のシナリオだってありえるんです。

取られまいと大慌てで丸呑みして腸に詰まってしまって開腹手術などということもあります。

もともと膵臓が弱い子だったりすると、普通の子では全然平気なケーキの生クリームや揚げ物系のものでも急性膵炎を起こしてしまうこともありますし、本当に危険ですね。

食べてしまったことにすら気がつかず、原因不明の嘔吐で調べてみたらなんと○○が!
というような事も結構あるんです。

「うちの子は絶対にいたずら食いはしません!」といっていたおうちでも、結局は誤食、なんてこともありました。


犬を信用してはいけません。

それなりに上背があったりして高いところの食べ物もとることができます。
ドアをあけることもできます。

「またやったか・・・」なんてのほほんと構えていられるのも今まで運がよかっただけです。

ちょっとの油断でせっかくの楽しい年末年始を最悪のものにしないためにも
特に心を引き締めて、管理を徹底してくださいね。

獣医さんの平和な年末年始のためにも、ひとつよろしくお願いします。

参照:こんなの食べてた(誤食)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

届かないところにおいたつもりでも、
すんごく美味しそうなものがあると
必死に背伸びして届いちゃったりするんですよねー

あ、うちの話です(^^)
パピー時代にテーブルの上のりんごを丸かじりされました。届かないはずだったのになぁ~

ジュリーママ | URL | 2008年12月27日(Sat)17:43 [EDIT]


ジュリーママさん

お返事がものすごく遅くなってしまいました。申し訳ないです。
わんちゃんたちも宝物のためには努力を惜しまないんでしょうね。
その努力は他の部分に使って欲しいものですね。

うちもいろいろやられていて、犬&猫のコラボにはいつも惨敗です。

ちまぎょろ | URL | 2009年01月10日(Sat)18:54 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。