ちまぎょろ獣医日記~しつけ部屋~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

裏技のポイント

昨日の記事の裏技で「なるほどな~」と思ったこと

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ


それは

人にも「両立しない行動をさせて、好ましくない行動をさせない」をしているということです。

これはよく行動学で犬に使う方法なんですが

 吠える犬に物をくわえることを覚えさせたり

 玄関先で大騒ぎをする犬に、おとなしくマットでフセをすることを教える

というように

  同時にできないことを教え込むことで、好ましくない行動を消してしまおうという方法です。

何かをくわえながら吠えることはできないし、フセをしながら玄関先でくるくる回ることはできないですよね。


それと同じように、対象物を叱る→犬をかまうのをやめる=上手に無視
という流れになっているんですね。

イタズラをやめさせようとやっきになっている飼い主さんに

「犬のイタズラに大げさに反応したり、取り上げようと追い掛け回したり、もっているもので引っ張りっこをしたりするのは意味がないのでやめましょうね。一番いいのは無視することです。」

とだけ言っても

飼い主さんたちは無視ってできないんです。
体にしみついた行動やクセをただやめるってなかなか難しいんでしょうね。
ついつい話しかけたり、触ったりしてしまって結局全然無視にならないんですね。

だから、「このタオルは悪い子だ!」「こうしてやる!」などの台詞を言うようにさせて
犬をかまうのではなくものを叱ることに集中させることで、
結果的に犬を上手に無視することができるようになったということですね。


つまりこの裏技は飼い主さんを犬にかまうのではなく別のことに集中させてしまえばいいので
取り上げた後(とりあえず遊びはストップしないといけないですからね)叱るのではなく、

スリッパやタオルに話しかけ、たっぷり褒めましょう
スリッパやタオルを持って阿波踊りを踊りましょう
スリッパやタオルをマイク代わりに「津軽海峡冬景色」を歌いましょう(選曲はただなんとなく)

でもかまわないと思うんです。

ちょうどイタズラされていて飼い主さんも興奮しているでしょうから、
叱るのが手っ取り早いんでしょうが
この裏技が「歌う」や「踊る」だったらほのぼのでいいなと思ったり。

ただそれだけでした。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。

参照:子犬を叱るコツその1
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。