ちまぎょろ獣医日記~しつけ部屋~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

てなわけで、実践

と、いうわけで今日は実践。パピーパーティーがありました。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ



デモ犬は生後5ヶ月の、トイプードルの男の子のあんずちゃん。

「オスワリはわかるんですけど、フセはわかってないみたい・・・」とのことだったので

フセの実践を。

ふせの形

何も言わずにオスワリの形からおやつを足元に持ってきて
おやつに釣られて「ふせ」の形をになったら「いいこ!」と褒めておやつをあげます

フセの形を覚えたら「フセ」と同時に号令を言うようにし、号令を理解してから号令→「フセ」

ここまでで、15分。

15分でちゃんとできるようになってましたよ。

おみごとでした。

多分、このやり方はどこにでも書いてあります。
でも、やり方を知っていてもスムーズにやるにはいろんなコツがあります。

例えば、形ができるまでは号令はかけない、余計な言葉をかけない。
これは自分ではできているつもりでも、できていない人がすごーく多いです。

号令、褒め言葉、ごほうびのタイミングも、実際にやっているのを見ると、違いがよくわかると思います。

おやつの持ち方

おやつの持ち方やどの位置にもってくれば伏せの形になりやすいのかなどの
細かいコツも、実際に教えてもらわないと難しいですものね。

ちなみにできる人に形を作ってもらって、犬に号令を理解してもらい、それを飼い主さんが実践する

というのが一番の近道じゃないかと思います。


さらに「ハウスにはいるのを嫌がるんですよ」の一言で「ハウス」の練習もして、
10分程度であっという間に「ハウス」もマスター。

俺はハウスだぜ

レアルちゃんの後ろで、ほこらし気に「俺はハウスしてるんだぜ」といっているあんずちゃんにご注目。

「ハウスに入りたがらない」と言っていた当日の様子とは思えないですよね。

この子は褒められるのが大好きで、フードも大好きでやる気満々な子なので、
覚えが早くて教えるのが楽しかったです。

子犬はハウスに対してあまりいい印象を持っていなくても、それをおやつやフードで簡単に変えることができます。本当に脳が柔軟なんだな~と感心します。

怖がりな大人犬だと、上のカバーをはずして下の部品に入るところで数日かかることもあるのに・・・

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチッとありがとうございます。

本日の様子はこちらもどうぞ 新しい看板娘
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。