ちまぎょろ獣医日記~しつけ部屋~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文章の限界(3)

文章の限界、の続きです

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ

問い合わせや質問の文章だけでは、とてもとても大切なわんちゃんの気質と飼い主さんとの関係もほとんどわかりません。

怖がりな子なのか、強気な子なのか、人見知りな子なのか、社会性に富んだ子なのか

べったりくっついて依存しあっている関係なのか、飼い主さんより他人にかまってもらうほうが楽しいのか、

実際にあって様子を見せていただければすぐにわかることですが、お電話や文章からそれを推し量るのはかなり難しいです。

「噛むのがものすごくひどくて、危険で誰も手を出せません~」と言われて
どんなのがくるんだろうとちょっとドキドキしてたら
ごくごく普通のやんちゃな子だったり(もちろん私には噛みません)、

「分離不安だと思うんです」とお問い合わせをうけても
ちゃんと本人を見てみると、分離不安の要素はなくて、単にやることがなくて外の物音に反応しているだけで、環境を変えてあげたらすっかり吠えなくなったり

飼い主さんの最初の話と、実際に起こっている問題の本質が全然違うことはしょっちゅうなんです。

飼い主さんが例えば「うちの子はお留守番ができないから分離不安だ!」思い込んでそれに基づいて話をしたりするんですが
それが全然違うことも少なくありません。


病気と同じで、大切なのはその子がどんな子で、どうしてそういう問題を起こしているのか「診断」をつけて、それにあわせた対処をすること。

その子がどんな子なのかの「診断」を飼い主さんの話だけに頼ると、全然違った方向に進んでしまうこともあります。

また、「飼い主さんがどんな人なのか」も、とても大切なファクターだったりします。


ですからメールでもお電話でも「それは○○の可能性もありますが、実際にわんちゃんを見せていただいて、本人の様子を見て、詳しいお話を伺わないとなんとも言えませんね」としか言いようがないんです。

下手なアドバイスをして状況を悪化させてしまうことは避けたいですしね。

特に怖がりな子に関しては間違った対応をするとトラウマを作りかねませんし、そうなると一気に悪化させてしまいかねないのです。

文章に頼らずに、きちんとわんちゃん本人を診れるプロに相談するのが一番です。

一番重要な「診断」「治療」のすべてをタダで得られるネットの半端な知識に頼って自己流で対処していてはいつまでたっても事態は変わりません。

特に、ネットサーフィンなどで雑多な情報が並列に並んでしまっている状態だと、いろんなやり方がごちゃ混ぜになっています。

絶対に叱ってはいけない!という主義でしつけをしている人たちもいますし
体罰を使うのが当たり前、と言う人もいるでしょう
警察犬・訓練所方式でやる人たちもいるでしょう
「テレビでこんな方法がやっていたよ!」というどう考えても危険な方法が紹介されていたりもします。
ただのアクセスアップのための情報もありますし、商品を売るための宣伝文のこともあるんです

そんな方法のなかから、自己流で「効きそうなものを片っ端から試す」と言う方法は、しつけの中で一番やってはいけないこと(mixiのしつけ相談コミュなんかをみると、クラクラしますね)。

同じことをしても、時によって違う対処をされるのがわんちゃんを最も混乱させることになります。

面倒な手間を踏まずに、片手でいろんな人に相談できる便利な世の中になりましたが
「犬のしつけ」や「病気」についてはいい部分と悪い部分と両方だと感じていますし
むしろ中途半端で偏った知識をもち、不信感を持った人を増やすという意味では悪い面のほうが多い気がします。


ちょっと(かなり?)話がずれましたが、なんにせよ相談に関しては

 実際に見せてもらう>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>電話>>>>>文章

であることに変わりはありません。
お電話でのお問い合わせは、不明な点をその場で聞ける分まだマシですし、話し方その他で飼い主さんの性格もある程度はわかります。でも文章のみでは飼い主さんの性格もほとんどわかりませんし、飼い主さんの物語を一方的につづられているので、勘違いも多いんですね。


もちろん、伝える側も悪影響を与えそうなことはかけないですし、誤解を受けないように心がけながら書いたりしていますが、

文章でしつけを伝えることがどれほど困難なのかは「ブログ毎日読んでます!」といって
いらっしゃった熱心な方々のお話を聞くとわかります。
「○○と書いてあったのでやっているんですけど・・・」と言われても、
それがうまくできていない原因は別にあったり・・・
直接来ていただければ勘違いを修正したり、一緒に方法を考えることもできますが
実際にはいらっしゃらない読んでいるだけの人たちには全然伝わっていないんだろうな~と思います。

タイミングだけでなく、根本はなかなか伝わらないんだなというのを実感しますね。

私の文章力もまだまだなので、このブログだけに頼って「特に」問題行動への対処をするのはやめてくださいね。
それによって起こることに責任を取ることはできませんし、中途半端な情報を流すことで専門家への相談が遅れるのは私が望むことではありません。

文章でものを伝えることの限界を感じている、今日この頃です。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチッとありがとうございます。

参照:ネットの弊害
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。