ちまぎょろ獣医日記~しつけ部屋~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子育て下手は遺伝する?

ちびべに

ストレスの影響をもうひとつ

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ

ストレスを感じやすい子などが子供を生み、ストレッサーの刺激をうけると母性本能が阻害されて育児放棄をしてしまう母犬がぐっと増えるんだそうです。

で、育児放棄されて母から豊かな母性行動を受けられなかったメス動物は母性行動を上手に発現できないんだそうです。

後から母性行動を学習することもありますが、オキシトシンという母性行動の発現に重要なホルモンレベルが低くなってしまうため、育児下手になってしまう子が多いとのことでした。

食事がきちんともらえなかったり、ストレスを感じやすい子で自分が生きていくのに精一杯の状態になってしまうと、ちゃんとそれまでは母性行動をしていた子でも子育てを放棄してしまうこともあるんだそうです。

母犬が強いストレスを感じていると、気質的にストレスに弱い子が生まれやすくなるだけでなく、
育児下手までぐるぐるループしてしまいやすい、ということが言えるでしょうね。

ホルモンで行動を大きく左右されている、というのはなんだか怖い話でもありますね。


そんなわけで、

「うちの子は怖がりで他の子と遊んだりできないから、子供を産ませてその子と仲良くなれば幸せだろう!」

と思うのは大きな間違いです。

自分の産んだ子犬と流血の大喧嘩を毎日繰り広げている親犬もいますし

完全に子育てを放棄してしまって人任せにしちゃう犬も増えていますし


安易な素人繁殖は、遺伝性の疾患の発現だけではないいろんなリスクも抱えているんですね。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチッと応援ありがとうございます
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

えー!そうなんだ!!!
「恐るべし、ホルモン」ですね。
人間にも通じそうな話で、
ちょっと背筋が寒くなりました。

>うちの子は怖がりで
>他の子と遊んだりできないから、
>子供を産ませて
>その子と仲良くなれば幸せだろう!

こういう人、結構見かけますが、子育て以前に、そこまで怖がりの子を交配させること自体が残酷な気がします...

ジュリーママ | URL | 2008年09月11日(Thu)18:26 [EDIT]


ジュリーママさん

ホルモンの影響ってすごいですよね。
人にもある程度は影響しているんでしょうね。怖いなぁ。

怖がりの子は交配自体難しいことも多いんですが、委託すると無理やり・・・ってこともあるらしいですからね。
本人はきっと望んでないだろうと勝手にかわいそうになってしまいます。

ちまぎょろ | URL | 2008年09月13日(Sat)10:44 [EDIT]


シークレットコメントをいただいた方へ

コメントありがとうございます。お返事をお返ししたいのですが、どうしたらよいものか困っています。
若干深読みしすぎなところがありますが、オープンにしていただいても問題のないコメントですので、秘密を解除してコメントしなおしていただけると幸いです。

ちまぎょろ | URL | 2008年09月13日(Sat)10:51 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。