ちまぎょろ獣医日記~しつけ部屋~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストレッサーいろいろ

白目

↑ストレスとは無縁な感じの寝相

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ


ストレスの原因となるもののことを「ストレッサー」といいます。

このストレッサーには大きく分けて4種類あって

<環境的ストレス刺激><心理的ストレス刺激><科学的ストレス刺激><生物学的ストレス刺激>
に分類されています。


犬や猫に当てはめて一つ一つ解説していくと

<環境的ストレス刺激>
 気温、騒音、不衛生な環境、暮らしている空間の広さなど

 パピーミルと呼ばれるような不衛生な環境で育った子たちは
 不安傾向や攻撃性が強く出たりします。
 大手のペットショップも含め、多くの犬たちが衛生的とはいえない環境で「
 
 季節の変わり目で温度変化が激しいときなどは皮膚病が増えたり
 おなかの調子を崩す子が多くなります。人も季節の変わり目は風邪を引きやすくなりますよね。

<心理的ストレス刺激>
 不安や緊張、苛立ち、葛藤などを引き起こす刺激
 
 苦手なものが多かったり、飼い主さんが犬との正しいコミュニケーションをしていなかったり
 お留守番が苦手だったりするとこの心理的ストレス刺激が多くなってしまいます。

 通常この「心理的ストレス刺激」を「ストレス」と表現する人が多いのではないかと思います

<科学的ストレス刺激>
 栄養の過不足、酸素の欠乏、薬による刺激など

 太らせすぎの子も多いのですが、「小さい子ブーム」の影響もあってか「大きくならないように」
 栄養を十分にもらっていない子も多く見られます。
 また、ものすごく運動量の多い子なのに、それを考えずに表示量をしっかりと守って結果的に栄養不足になっていることも。
 メーカーの量やカロリー計算はあくまで「目安」。
 ときどきは獣医さんにチェックしてもらって、理想体型かどうか見てもらってくださいね。

<生物学的ストレス刺激>
 細菌、ウイルス、真菌、外部寄生虫(ノミ・ダニ)などの病原菌による刺激 炎症や疾病など

 感染や炎症など病気もストレスになるということですね。
 予防できるものはきちんと予防しましょうね。
 今年はノミが大発生しているようです。ご注意を。


次回はストレスを受けると体はどう反応するか?という話

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッと応援ありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

勉強になります。

今の世の中、犬も人もなるべくストレスをかけないような生活を望む事が多いですが、ある程度のストレスを受けても精神的にも身体的にも絶えうる心身を造っていくことって必要だと思います。
その為にも、子供の時からの社会化と免疫抗体ですね。

我が家の子供達は、多少のばい菌にはへっちゃらになってると思います(一体どんな生活・・??笑)

わん | URL | 2008年09月02日(Tue)11:08 [EDIT]


わんさん

お返事が遅くなってすみません。
そのとおりだと思います。
社会化は本当に大切ですし飼い主さんたちができる唯一に近いことだと思いますが、もうひとつ重要なのはやはり気質ですね。
その辺のお話も時間があるときに書き進めていきたいと思います。

ちまぎょろ | URL | 2008年09月04日(Thu)19:29 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。