ちまぎょろ獣医日記~しつけ部屋~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しつけは楽しみましょう

こちらのブログ開始からこれまで
しつけが大切だ!としつこいほどに今までになく厳しく書いてきたわけですが

別に犬を飼っている人全員が号令をばっちりマスターして
犬との関係に緊張感を持って、「アレやっちゃダメ、コレやっちゃダメ!」と
厳しく監視しろといってるわけではありません。
わんちゃんが他人に迷惑をかけず、家庭の中で問題なく暮らしていれば
それ以上のことは特に必要ないし、あとは飼い主さんの好み次第だと思ってます。

なーんにも教えなくても、吠えないしトイレは失敗しないし、とびつかないし、人は大好きだし
というトレーニングいらずの優等生も実際にいますからね。
もちろんトレーニング(とくに子犬のうちの基礎トレーニング)はしたほうが、
問題行動の予防にもなるので、どんな子でもお勉強はしたほうが絶対にいいです。

べにっきを見ていただければ分かると思いますが
私はそんなに熱心にトレーニングをしているタイプの飼い主ではないです。
一応お勉強として、いろんな犬イベントを見に行ったり、しつけ教室にいったりセミナーに参加したりしますが、個人的に競技会に向けて日夜努力する!とか、発表会にむかってドッグダンスを練習したりとかそういうところまではしてないです。そのあたりのレベルになると趣味の問題だと思うので、やりたい人はやればいいレベルだと思います。

でも遊ぶときやご飯を食べるとき、ケージの出し入れなど日常なちょっとしたことにしつけを組み入れて、号令を使ってべにとコミュニケーションをとってはいます。
べにはきちんとこちらが号令をかけてコミュニケーションをとらないと、好き勝手に吠えたり、騒いだり落ち着きのないタイプです。ワガママですしけっこうビビリですし、トレーニングをしていなかったらうるさくてしょうがない子になっていただろうと思います。
こういう、ちょっと難しいタイプの子やとっても元気なタイプの子とめぐり合った方はぜひトレーニングをがんばってみて欲しいと思います。やってみるとやりがいがあって楽しいですよ。
大切なのは楽しむことだと思います。

別にお仕事をするわけではないので、しつけに一生懸命になりすぎて厳しくやりすぎて
わんちゃんとの日常が緊張感の連続になってしまっては、本末転倒です。

家庭犬なんですもの。ゆっくりまったりで十分です。
しつけしなきゃ!とガチガチになってしまって、お互いリラックスできなかったら楽しみも半減。
それだからこそ、子犬のうちから問題行動の予防に努めていただきたいと思います。
そのほうが出てきた問題に対処するより100倍楽なんです。
あせらずのんびりしつけを楽しむと、わんちゃんとより深くコミュニケーションが取れると思いますよ。

参照
 ちまぎょろ獣医日記 ココロのワクチン

子犬のレッスンは笑いが絶えなくてとても楽しいですね。
なかなか月齢や日程が合わなくてひまわり動物病院でのレッスンは個人レッスンが多いんですが
レッスンしている私も毎回楽しませていただいています。興味のある方はメールフォームからお問い合わせください。

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
ボタンをポチッと応援いただけると幸いです。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして

はじめまして。
チャーリーママと申します。
神奈川県でグッズショプをしながら、社会化の推進のためのしつけ、トレーニングをしています。
こちらはまだまだ、獣医さんの意識の違いから、
何をするのも大変な感があるのですが・・・
ちまぎょろ先生のような方が近くだと良いな、とうらやましくなります。
ちなみに今週獣医師会の開催す市のしつけ教室があるのですが、
「犬は抱っこしないで。目線が高くなると偉そうになるから。」
と真剣に言われるそうです・・・

チャーリーママ | URL | 2008年05月20日(Tue)09:56 [EDIT]


チャーリーママさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
ブログ一部ですが読ませていただきました。社会化推進トレーニング、ぜひ広めてくださいね。

獣医師は自分から学ぼうとしなければ、なかなかしつけについて学ぶ機会ってほとんどないんです。
特に今開業しているようなベテランの先生たちは大学で行動学を学ぶことはありませんからね・・・。
私は大学時代から各種セミナーに出ていましたし、現在も行動学者の先生の講義を定期的に受けていますが、臨床で忙しくなってからは目の前の病気の子たちに対処することで精一杯になってしまう獣医師の先生方の気持ちもよくわかります。
とはいえ「獣医さんの言うことは絶対」と考える飼い主さんも多いので、その影響力を自覚して子犬のしつけの基礎はちゃんとお勉強して欲しいなぁと思うんですけどね。
特にワクチンと社会化や初期のトイレのしつけについては最初にワクチンを打った獣医さんのアドバイスの影響ってすごく大きいですからね。

ちまぎょろ | URL | 2008年05月20日(Tue)10:23 [EDIT]


しつけ。

大事だといつも思ってます。
おもちゃやしつけはいつも参考にさせていただいています☆
難しく考えなくても、一番最初のトイレ・ゲージもしつけですもんね。
うちは飼う前からしつけ教室は考えてましたが、実際はすぐ数回だけ家庭犬のしつけ教室に行っただけ。
しかし、すごく勉強に☆
スワレ・フセ・マテは危険回避もできると思います。
今は家で復習中心です。
なかなかうまくいかなくって引っ張りや吠えたり(無駄吠えじゃないと思ってますが(笑))飛びつき(好きな人限定)などいろんな悩みはありますが毎日毎日の繰り返しで少しずつ・・・と思ってます。
愛情があるからこそ・・・と毎日気長に練習です。
忙しくって犬ばかりにかまってられない生活ですができれば毎日の生活をもっと楽しく♪そのためのしつけだと思ってますよ☆

Kakko | URL | 2008年05月20日(Tue)20:34 [EDIT]


Kakkoさん

大きい子だとなおさらしつけは重要ですよね。
大きいだけで怖がられてしまうことも多いですし、いざというときも大変ですから・・・。
教室に通っているときだけいい子、なのではなくて日常に上手にしつけを組み込んでいくことが大切なんですよね。
ぜひ復習がんばってくださいね。
飼い主さんときちんとコミュニケーションがとれることが「しつけのできている子」だと思うのでそういう子が増えてくれるとうれしいなと思います。

ちまぎょろ | URL | 2008年05月21日(Wed)16:07 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。