ちまぎょろ獣医日記~しつけ部屋~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

服従しているとき

ぺろり
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ


すっかり間が開いてしまいました

リラックスの次は服従のボディーランゲージ

相手に対して「自分には敵意はありません」とアピールするときのものですね
「許してください」と自分を無防備にさらけ出す服従も含みます

耳を後ろに倒す
舌をペロペロと出す
口の端(口角)が下がる
なだめるような行動をとる
姿勢・重心は低くなる
尻尾は下がる

のが特徴的です

さらに強い服従としては

視線をはずす
お腹を見せる
尻尾はお尻の間に巻き込む

のが見られます。ゴールデンや気のいい柴犬などはお腹見せをしてくる子が多い気がします。
お腹を見せながらおしっこ漏らしちゃう子までいますからね。

べにはとにかく私にはすぐに「逆らってませんよ!」とこの顔をします
何かやらかして「あ~」といわれると、「スイマセンスイマセン」とお腹を出してぐるぐるまわります。

こんなに服従されているのって、いつからかな?と思ったら思い当たるフシがありました。

おすわってますけど

かあちゃんに逆らうと怖いんですよ。
麻酔をかけたり、注射をしたり、ひっくり返して変なものを巻きつけたりするんです。
(↑膝蓋骨脱臼の手術およびテーピングの巻き替えのことらしいです)

故意にいじめたわけじゃないのに・・・。
若干せつないですが、ワガママなべににこのくらいでちょうどいいと思います。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチッとありがとうざいます!
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ジュリーはよくお腹を見せてくれるのですが、「服従」というより、「撫でろ!ゴルァ~」なニュアンスを感じます(苦笑)。まぁ敵意はないって意味では「服従」なんでしょうけれど。長く付き合っていると、同じ姿勢でも色々な意味があるのを感じますね。

ジュリーママ | URL | 2008年08月08日(Fri)19:46 [EDIT]


ジュリーママさん

そこまで読めてこそパートナー犬だと思いますよ。
「なでれ」でおなかを出すのはうちの猫たちと一緒ですね。
ボディーランゲージもひとつだけではなく、総合的に判断しないと読めないものですし奥深いですね。
うちでは勝手にアテレコして遊んでいて、なぜか「生意気キャラ」で定着しています。
「よこせっていってんデスヨ!」とかね。
何やってんでしょ?

ちまぎょろ | URL | 2008年08月11日(Mon)19:30 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。