ちまぎょろ獣医日記~しつけ部屋~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お願いだから、触らせて

でろり

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ



診察をしていてよく思いますが

体を喜んで触らせてくれる子は、本当に楽です。

逆に人に体を触られるのがすごく嫌いな子は、簡単なことすら人手が必要だったり、

場合によっては麻酔をかけなければならなかったりでちょっとしたことが本当に大事になってしまいます。

病気に早く気が付くためにも、普段から体を触ることは本当に大切です。

他人が苦手で獣医さんに威嚇をしまくる子では診察がしにくくなってしまいます。

ぜひ病院に行くときはおやつを持っていって、獣医さんからあげてもらうようにしてくださいね。

うちの病院は賄賂作戦をかなり前からしているので、かなりの子が病院大好きで

お散歩ルートの途中に病院があると、一生懸命病院に入ろうとする子までいますし、

診察が終わった後も帰ろうとせず、「おやつはもっともらえませんか?」と期待のマナザシで見つめてくる子も多いんです。

そういう子たちは診察や検査や処置も楽にできるんです。

おとなしく触らせてくれる子なら、麻酔をかけずにある程度まで歯石をとることだってできます。

麻酔をかけての処置に比べればかなり格安でわんちゃんに負担をかけずに処置することができます。
(もちろんできる範囲内ですが・・・)


この時期外耳炎や皮膚病が増えるので、毛を刈ったり耳掃除をしたりすることも多いのですが
耳掃除だけで大騒動になってしまうこともあります。
小さい頃から慣らしてもらっていればお互いこんなに大変じゃなかったかもしれないな・・・と思うことも。

大暴れして恥ずかしいから病院に連れて行けない→どんどん悪化してなおさら処置を嫌がる
といった悪循環に陥らないためにも
ぜひぜひ小さいうちからボディタッチに慣らしておいて、どこを触られても平気な子にしましょうね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチッとありがとうございます。


参照:体にさわろう

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

本当に身体を触られる子、
人が大好きな子
飼い主さんの言う事を良く聞く子
は診察がスムーズで助かります。
子供の魂100までも といいますが、
小さな頃からの触れ合いは
私も大切だと思います。


BEER | URL | 2008年07月24日(Thu)11:20 [EDIT]


BEER先生

病院好きの子、人好きの子は本当に診察が楽ですよね。
診察はできても、お薬飲ませられません、目薬させませんでは治療法が限られてしまって本当に困りますもんね。
センセイの病院でも病院好きが増えるといいですね。がんばってください。

ちまぎょろ | URL | 2008年07月26日(Sat)18:08 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。