ちまぎょろ獣医日記~しつけ部屋~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罰は使いよう

先日ピンポン吠えがひどいわんちゃんに、ダメだよと教えるための道具を紹介しました。

まあよくある空き缶にコインを20枚ほどいれただけのものなので、ご存知の方も多いと思いますし
試した方も多いんじゃないかと思います。
メジャーなしつけ本には載っていることも多いので、「試したけど、ダメだった」といわれる道具第一位かもしれません。

でも、この子の吠えている原因と飼い主さんのタイプ、わんちゃんの性格をみたらこれが一番よさそうだったので薦めてみました。

これがまたビンゴによく効いてくれたのですが、どのタイミングで鳴らすのか、やめたときの対処の仕方、褒めるタイミングなども練習してもらったからうまくいったのだと思います。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ



何かに書いてあったから、と何となくやってみても、その犬が金属音をいやがらないタイプなら全然効かないですし、変なタイミングならただのいやがらせでしょうし、やりすぎれば慣れてしまいます。

すべての犬の問題行動に効果てきめんな道具はありません。
他の子で効いたからうちの子にも効くと勘違いしてしまいがちですが、犬のタイプも十犬十色。

褒める時に使うごほうびも、叱るときに使う罰も、その子が喜んだり、嫌がったりするから成り立つものなので、すべての子にとって必ずごほうびになるものも、罰になるものも存在しないんです。
それぞれの気質に適したものを、適したタイミングで使わなければいけません。

まずは原因に対処してその問題を起こしにくい環境を作るのが一番ですが
それでもその行動をやめない場合、罰を使って「それはダメだよ」と教えることは私もしますが(威圧的なものや体罰は使いませんよ)、
必ず「こっちが正解だよ」という褒めるための「正しい答え」を用意してから「罰」を使ってもらいます。
叱りっぱなしでは代わりに何をしたらいいのか犬はわかりません。

罰のための道具も、使いすぎれば、犬はたいていどんなものでも慣れてしまいます。
計画的に罰と代わりに褒める「正解」とごほうびを用意して、きちんと対処しないとどんな高価な道具でも持ち腐れになりますし、
うまく使えばコイン入り空き缶も効果てきめんだったりするんです。

叱ること、(飼い主にとって)悪いことをやめさせるために各種の罰をどんどん試す方もいるのですが、犬がなぜそれをするのかをきちんと考えて、原因に対処した上で方法を選び、適切なタイミングで褒めたり叱ったりしないと、犬が混乱するだけです。

オススメのお菓子や映画を効くような感覚で、無駄吠えをやめさせるにはどうしたらいいですか?噛むんですけどどうしたらいいですか?とネット上で質問したりしているのもよく見ますが、いろんな人のアドバイスをならべてできそうなものから順にやってみる、というのは絶対にやめたほうがいいと思います。
また、しつけを知っているつもりの方でも自分の子で効いたから、と状況をよくわからないままに
罰を薦めることはしないでくださいね。

実際に中途半端に罰を試して、怪我をしてしまう人に何人も会っているんです。
よかれと思ってしたアドバイスで病院送りにさせてしまうことは、望むことではないと思います。
罰だけでは解決にならない、何が罰になるのかもその子により違う、
半端なアドバイスは場合によっては非常に危険だということをしっかり理解してくださいね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチッとありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いつも、うんうんとうなずきながら拝見しています。
私のブログにリンクさせていただきました。
もし問題があるようでしたら、おっしゃってくださいね。
これからも楽しみにしています。

わん | URL | 2008年06月23日(Mon)15:49 [EDIT]


わんさん

コメント&リンクありがとうございます。
こちらもリンク集を作ろうかな、と思っていたところでした。
早速作ってリンクさせていただきますね。

ちまぎょろ | URL | 2008年06月24日(Tue)12:01 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。