ちまぎょろ獣医日記~しつけ部屋~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そのドッグランは安全ですか?

からまった


観光地も愛犬家歓迎ムードでいろんなところにペット可施設やドッグランができているようですね。
日経新聞にも記事が掲載されていました。
確かに私も何度か関東近郊でペット可ペンションにべに連れで宿泊しています。
最近はさっぱり行っていませんが(理由は追々)。
パーキングエリアにドッグランがあったり、カフェやペンションでドッグラン併設のところもいくつかありました。

でも、たくさん作られてしまっているからこそ、ドッグラン自体が危険なことも結構あるんですよ。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ


<危険なドッグラン>

・柵・遊具が壊れている
  (柵が壊れているのはドッグランと呼んでいいのでしょうか?)

・地面が汚れている、かびている、腐っている
  (木製チップのところで管理が悪いとひどいことになります。コンクリートでもひどいところがありました)

・排泄物がそのまま放置されている

・犬にとって危険な折れ木、蜂の巣などが放置されている

・攻撃性のある犬が放置されている

・犬を連れていない家族連れなどが、他人の犬と遊ぶために入ってきている


危険とまでは言えませんが、まったく管理されていないドッグラン(ほとんどがそうだと思います)も
どんな子が入ってくるのかわからなくて場合によっては危険を伴うこともあると思います。


ドッグランに入るのであれば、まずはドッグラン自体が大丈夫かを確認することも大切です。
急斜面を柵で囲っただけの場所もあるそうで、実際に利用者の安全性を考慮して作っているのか
はなはだ疑問なところもあります。



そしてドッグランに行くのであれば、行く側も

 ・しっかりと予防を完璧にして(狂犬病、7種以上の混合ワクチン、ノミ・ダニ・フィラリア予防)

 ・呼び戻しができて

 ・他の犬と問題なく遊べる子

でないと問題が起こって当然だと思います。

会員制で予防の有無を確認してくれるところで、監視してくれる人がいるようなところが
安全性が高いといえるのでしょうが、それでも問題は数多く起きています。

ペットブームでわんちゃんたちはいろいろな場所に一緒に出かけられるようになりました。
でも、公の場所に一緒にいっていいだけの社会化としつけをされている子はほんの一部です。
喧嘩したって犬同士だから当たり前でしょ~というような考え方では本当に危険だと思いますよ。
子供同士のケンカと勘違いしているのか、当人同士に任せましょう的な対応をする飼い主さんもいますがそれは間違いです。

特に大型犬と小型犬では死亡事故も起きていたりするので、本当に気をつけないといけないと思います。
場合によっては小型犬は獲物になりうるということを忘れてはいけません。
超小型犬を飼っている人に限って「うちの子は大型犬とも仲良く遊べるの。大丈夫」といって
大型犬スペースにわざわざ入ってきたりするんですが、それはやめましょう。
本当に、危険です。
犬に「絶対大丈夫」はありません。

ドッグランでの咬傷事故は本当に多いです。
なんとなくその場ではいいにくくてそのままにしてしまったけれど、縫わなければいけないほどの傷になっていたりすることもあります。
そんな怪我ばかり治療しているので、ドッグランの利用を薦めない獣医になってしまいました。
特に土日や混雑しているドッグランに関しては「やめたほうがいい」とはっきり言っています。

ちゃんとオススメできるようないいドッグランが増えればいいなと思っています。
きちんと社会化された、相性のいい子と遊べれば、犬同士で遊ぶことは一番の運動になると思います。
それには、社会化・しつけをされた犬と、マナーをしっかり守る飼い主さんが必要ですけどね。


参照 ちまぎょろ獣医日記 ドッグラン
    ドッグランカテゴリーはこちら


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチっとありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私の昨日のブログにリンクを貼らせていただきました(トラックバックがうまくできませんでした)。
 ドッグランに限らず、「自分の身は、まず自分で守る」という意識が、日本人には薄いのかな~と思うことが多いです。ワンコを飼う知識と同時に、その辺の教育も必要なんでしょうね。

ジュリーママ | URL | 2008年06月19日(Thu)09:01 [EDIT]


私の知っているドッグランでは、安全性のため、
ロングリードと伸縮リードの使用を禁止しています。
呼び戻しも出来ない犬に、ロングリードをつけて遊ばせたら、走っている時に他の犬をリードで巻き込む可能性もありますし、危険をかんじリードを引っ張って犬を連れ戻そうとしたら、他のわんこの足に絡んでいてその子が関節を怪我する事もあると思います。
自分の犬が他の犬のところへ行かないからといっても、
他の犬から近づいてきて、逃げようと絡まったりと、
ロングリードが安全とは思えません。
1本のロングリードですら事故が起きそうなのに、
ロングリードを使用する犬が数匹いたら、とても危険だと思います。
ロングリードは誰もいない所で、しつけなどの練習のために使用するものだと思うのですが、わざさざ推奨する理由をお聞かせください。

なら | URL | 2008年06月19日(Thu)12:16 [EDIT]


ジュリーママさん

リンクありがとうございます。
犬同士だとケンカしててもほほえましい、と思ってしまうのかもしれませんね。
本当に難しい問題です。

ちまぎょろ | URL | 2008年06月19日(Thu)13:21 [EDIT]


ならさん

ご指摘ありがとうございます。
しっかり管理して練習をしてほしいというニュアンスで書いたのですがうまく伝えられなかったようですので、訂正させていただきました。
確かに混雑したところではそういった事故も考えられるのでドッグランによっては禁止するところがあるのも納得できますね。
ご気分を害してしまったようで申し訳ありません。

これは勝手なお願いなのですが、できれば、とげのある言い方でなくやわらかい表現を心がけていただければと思います。
私が過敏なのかもしれませんが、ネット上では相手の姿が見えないからこそ書き方には注意が必要だと思います。
こちらにここでのルール・マナーを載せているので、参考にしていただければ幸いです。
http://chimagyoro.blog17.fc2.com/blog-entry-3.html

ちまぎょろ | URL | 2008年06月19日(Thu)13:32 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。