ちまぎょろ獣医日記~しつけ部屋~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会化期

犬の成長はいくつかの段階に分けられていて、
生後3週から12週前後を社会化期といいます(詳しくはこちら)。

物事に対する好奇心が警戒心を上回る時期なので、いろんな物事に慣らしやすいんです。

うちの犬猫がまあまあそこそこ仲良くやっているのも社会期に一緒に過ごさせたからですし
この社会化期のうちに生涯経験しそうなことを、「楽しい」経験として経験させておくと
物怖じしない、扱いやすい子になるといっても過言ではありません。

親から受け継いだ気質や育てられた環境も大きくその子の性格を左右しますが
社会化期のすごし方も犬の性格には大きな影響を与えます。

社会化不足はビビリを育て、ビビりは物音に反応してよく吠えたり
人や他の犬が苦手だからと吠えたり噛んだりと攻撃的になったりしますし
小さいうちからブラッシングや体に触られることに慣れておかないと診察や治療もしにくくなります。

すごーく怖がりな子でも、社会化期に遊んだことのある子だけは平気、という子も結構いますし
この時期に出会った子は仲間だと本能的に感じるのかもしれません。

物事に慣れやすい社会化期のわんちゃんと暮らしている皆さんは、今がチャンスだということを忘れずにしっかり努力してくださいね。

怖がっているのに無理やりいろんな犬に合わせたりするのは逆にトラウマを作るもと。
犬の様子を見ながら、上手に社会化させる必要があるんです。

正しい社会化は、最高の問題行動の予防薬になります。
ワクチン接種を必ずするように、社会化(しつけ教室への参加)も必ずするようになるといいんですけど・・・。
そうなったらきっと世の中の無駄吠え犬と噛む犬は激減すると思いますよ。

参照
 ちまぎょろ獣医日記 社会化期(1)
              ワクチンと社会化

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチッとありがとうございます!
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。