ちまぎょろ獣医日記~しつけ部屋~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行動学セミナー

ふせの形
昨日は行動学のセミナーが行われました。
その後同僚と話し込んでしまったので帰宅したのは12時過ぎ
そんなわけで、今日はちょっと眠いです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ


セミナーといってももちろん講師は私ではありません。

アメリカの大学で行動学を専門に勉強され、
犬や猫の行動学者として第一線で活躍されている先生をお呼びして
院内セミナーを企画しているのです。

一時期はその先生にべにのトレーニングもお願いしていたのですが
家庭犬としては一定のレベルになったので、トレーニングはお休みして

現在は獣医師やテクニシャン、トリマーさんのお勉強のためのトピックを紹介していただいたり
それぞれが経験した症例の報告会のようなことをしています。

今回は4月になって新しいスタッフも入ったので
基礎に戻って行動学のいろはから復習してきました。
私はもうすでに知っている話になりますが、実際にたくさんのカウンセリングを経験している先生のお話は何度聞いても勉強になります。

いろいろな病院を経験している獣医さんでも、
本格的に行動学を勉強したことのない人も多いですし
逆に古いタイプのトレーニング方法を飼い主さんに伝えてしまうこともあるため
病院としてのアドバイスにブレがあるといけないので、
犬のトレーニングはこういう風に行いますよということをべにを使っての実践もしてきました。

今回はおやつをルアーにしてオスワリやフセを教える方法のデモと
クリッカーを使って新しいことを教えるときの方法のデモを行い

ツケの状態から部屋の真ん中にある箱に鼻をタッチして、またツケの状態に戻る
というのを「ハナ」というコマンドで覚えさせる

という15分程度セッションを行いました。

もともとクリッカーを使っていろいろトリック(芸)を教えているので
飲み込みが早く、さっさと進んでいい感じだったんですが
あいかわらずトレーニングになるとやる気が空回りしてしまい
自由に考えさせると「コレですか?それともこっち?」と
回ってみたりゴロンしてみたり、ウンウンうなづいてみたり、ハーイと手を上げてみたり
思いつく限りのトリックを披露してくれて、みんなに笑われましたよ。

飼い主さんに説明するのは全然恥ずかしくないんですが
お互いによく知っている同僚に説明したりするのはちょっと恥ずかしいですね。

クリッカーをしらない獣医さんもいましたし、犬が「報酬」のために試行錯誤する様が
実際に見れたのはなかなかお勉強になったのではないかと思います。
べにの試行錯誤はだいぶ派手ですけどね。

講師の先生とは「○○って××ですよね~」とグチをこぼしあったり相談しあったり
貴重な情報交換の場にもなります。
また次回が楽しみです。

内容については、次回以降かいつまんでアップしたいと思っていますので
まったりお待ちいただけたらと思います。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。