ちまぎょろ獣医日記~しつけ部屋~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チワワの歴史

チワワ

ちょっとお久しぶりになっちゃいましたが、次回パピーパーティーにチワワが来るのでチワワの歴史を復習。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ

チワワの原産地はメキシコと言われています。
コロンブスが「小さくて人懐っこく吠えない(え?)犬を見つけた」と報告しており
それがチワワのもとになったと言われているテチチという小型の犬なんだそうです。

チワワの名前の由来はメキシコのチワワ市という都市の名前とされています。

もともとは寒暖の激しいメキシコの地で寒いときに抱っこするための「抱き犬」として使われ、
また狩りに一緒に連れて行って、獲物が取れなかったときの非常食(!)だったそうです。
ペルーではモルモットを食用にしていたそうですし、なんだまたこんなに小さい生き物を・・・と思うのですが、それが文化というものでしょうか?

宗教でいけにえに使われたことも多かったようですね。

テチチがそのままスペイン王室にいってかわいがられたという説もあったり
それは別の犬でテチチは途絶えているという説もあったりするようですが

1800年代にメキシコからアメリカに伝わってより小型化されたのは確実なようです。
そのころのチワワのお仕事はビレッジドッグ。
村に見知らぬ人が来たら「誰か来たよ!」と吠えて教えていたようです。
コロンブスが言っていた「吠えなくて人懐っこい」犬とは別犬になっていますね。

小型化や形を変えるにあたってチャイニーズクレイステッドドッグを混ぜたとか
ヨークシャーテリアをいれたとかパピヨンが混じっているとかいろいろ説があるようですがチワワの見た目もいろいろですね。

ロングの子のほうが若干穏やかな気がしますが、基本的にはよく吠え、攻撃性も強く、社会性に乏しい子が多い気がします。
トレーナーの先生の中にはチワワは犬ではないという人もいるくらい気ままでマイペース。
他の犬を受け入れない子も多く、怖がりが非常に多いので、パピーパーティーでも
隅っこで震えっぱなし、おやつもなにも受け入れない子が多いです。

先日も記事にしていますが、震えているチワワを一生懸命なだめたり、
ずっと抱っこしていたりするのはチワワにとって決していい結果を生みません。
小さいからといってお散歩がいらないわけでもありませんし、
むしろより積極的に社会化(きちんと管理された中で)が必須になります。
様子を見ないでやりすぎて犬嫌い・外嫌いにしている例も多いので注意してくださいね。

アップルドームといわれる大きな頭をもちますが、ほぼ100%の子が頭頂部にある泉門といわれる
部分が大人になっても開いたままですし、水頭症の発生率も高いです。
その辺もあって、「ストレスをかけてはいけない」と過保護にされる子が多いためか触らせない子も多く、
個人的な診察しにくい犬種トップ3に入っちゃいますし、チワワに噛まれることも多いです。

怖がりな子も多いですが、逆にものすごく強気な子も多く、うそかホントか知らないんですが

鹿よけかなにかでライオンのおしっこをある場所にかけておいたとき
他の犬たちは「自分よりずっと強い生き物のおしっこだ」と認識して
誰もそこにはおしっこをかけなかったのに、
チワワだけが足を上げてチーっとマーキングして自分の場所だと主張した、という話があります。

本当かどうかは不明ですが、あってもおかしくないなと思わせるようなおもしろい犬種ですね。
難しい子だからこそ、やっと手からなにか食べてくれるようになるとすごくうれしいですし、
すごーくおりこうさんなチワワもいて、個人的にはかわいくておもしろくて好きな犬種ですが、
お年寄り、溺愛したい人には向かないかな、と思います。
うるさすぎて気が狂いそうになって泣きついてくるおじいちゃんおばあちゃん、多いですよ。
お願いですから本人が望んでいないのにチワワをお年寄りに買い与えるのはやめてくださいね。
小さいからといって運動がいらない犬種でも、しつけがいらない犬種でもないですよ。

 チワワの震え
 小型犬とお散歩

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチッと応援ありがとうございます

スポンサーサイト

プードルの歴史

はじめまして

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ


早速プードルの歴史を復習してみました。

プードルは一般にフランス原産と言われていますが、ヨーロッパ各地に点在していたのがフランスで流行して繁殖され、大きさの改良などをされたため「フランス原産」と言われるようになったようですね。

プードルの名前の由来はドイツ語の水猟犬を意味する「プーデル」。水鳥回収時の水のはねる音に由来しているんだそうです。

ロシアではスタンダードプードルは荷引きのお仕事をしていたようですし、結構肉体労働者だったんですね。これは意外。

そういえば先日父にチョイノリという近距離移動用の原付をあげるために成田まで行ってきたのですが
足ができて大喜びの父はチョイノリで一日80キロ以上を移動し、酷使しすぎて2ヶ月足らずで壊してくれました。
「チョイノリはちょっとのるからチョイノリなの!そんな使い方するのはべにに犬ぞり引かせるくらい無謀なんだよ!壊れて当たり前でしょ!」と怒ったばかりなのでちょっと奇遇。

目的別の働く車と犬のブリーディングは近いものがあるかもしれませんね。
トラクターでカーレースに参戦する人はいないわけで、ちゃんともとの目的を理解して犬を選ぶのは大切なことですね。


・・・・閑話休題。

プードルはヨーロッパ各地に存在していたようですが、フランスで流行し、ブリーディングによって小型化され、スタンダード、ミニチュア、トイの3種が認定されています。
これだけ大きさにばらつきのある同一犬種というのもめずらしいですよね。
性格は大きさによってまったく違いますし、使われる目的も違います。

一般的に犬は体格的に小さくなるほど落ち着きがなく、神経質になる傾向にあるようで、スタンダードプードルは割にどっしりかまえた子が多いのですが、トイは「ベルドッグ」のお仕事をしていただけあってとにかくチャカチャカにぎやかな子が多いです。

特にレッド>アプリコット>ブラック>白の順で落ち着きがない気がします(個人的印象)
最近は白にもチャカチャカ系が増えてきましたが・・・
べにも小さいころは虫のようでした


トリミングの基本はプードルなので、今でもトリマーさんたちの試験の犬はプードルになっています。

昔ながらのプードルカット(コンチネンタルクリップ、イングリッシュサドル)は猟のときに水中作業を楽にするため。
胸に毛が残っているのは心臓などを急激な温度変化からまもるためで、手先にポンポンがついているのは泳ぎが早くなるため。胴体に切り込みが入っているのは濡れた毛が乾きやすいように。
変わったカットにもちゃんと一つ一つ理由があるんですね。

テディカットがはやりすぎて、昔ながらのプードルカットを知らない人が最近増えていて
オーソドッグスなカットをしていると「それはなんていう犬種ですか?」と聞かれたり「プードル?うそ~?そんなのプードルじゃない」と言われちゃったりするんだそうです。トホホ。

時がたつにつれて小型化されカットを変えられぬいぐるみのようになり、もともとの作られた目的を忘れがちですが、プードルの血には猟犬の流れているのは確かなことです。

人と一緒に作業するため人が大好きで確かに賢いですが、手を焼いている人も多いことも事実。
賢い犬は難しいですよ。本当に。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチッと応援ありがとうございます

お仕事犬は大変です

犬種の話をもう少し。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ


でへー

こちら、スタッフさんちのビッグ。オーストラリアンシェパードです。

もとは牧羊犬で、いまでも「牧畜犬(ハーディンググループ)」として犬種図鑑に登録されています。

この子達は、一日中家畜を監視して、群れからはみ出た動きをする個体を元に戻すのをお仕事にしていた子達で、

他にもコーギーやシェルティー、コリーやシェパードやボーダーコリーなどもこのグループに入ります。


どういったやり方で家畜をコントロールするかは犬種によりさまざまで、

 回り込んで「そっちいっちゃだめ」と教える(オゥシー、シェルティー、シェパード)
 
 凝視して目で動きを封じる(ボーダーコリー)

 かかとをかじって牛をコントロールするタ(コーギー)

というような感じでどんな家畜とお仕事をするかによって、仕事内容も変わってくるんですね。


この子達はとにかくタフです。
だって一日中動き回って家畜のコントロールをしていた超肉体労働者です。
運動嫌いで仕事途中で「だりー」なんて居眠りするような子はクビにされちゃいます。
トリミング途中で居眠りこいて倒れるうちのべには即日解雇ですね。

動くものへの反応も敏感ですし、怪しいものへの反応も早いです。
だってそれがお仕事だったんですもの。当たり前です。

この子達はちゃんとお仕事をあげないと、おかしくなっちゃうほど仕事が好きな子が多いです。
特にボーダーコリーやオゥシーなんかはその傾向が強いと思います。
アジリティーやフライボールやディスクの大会などで、こういった犬種が好成績をあげているのは
お仕事大好きな犬種特性があるんだと思います。

でも、今現在の日本でこれらの犬たちをちゃんと牧畜犬として飼育している人はそう多くないでしょう。
ぱっと思い浮かんだのは田中義剛さんだけでした。

つまり、日本で飼育されているほとんどのハーディンググループの犬たちは、家畜を持たない「牧畜犬」なので、「無職」で「ニート」。
でもやる気だけは空回りしている、と言う子がすごーく多いんですね。

やる気はたっぷりあるのに何をしていいかわからないとき、お仕事好きのわんちゃんたちは勝手に仕事を見つけます。

不審な物音を聞いたらみんなに知らせるのを仕事にする子もいます
ピンポンがなったら不審者が来るので吠えるのも仕事
窓や庭から外を歩く人に向かって吠えるのも仕事
お散歩のとき、自転車やバイクなど動くものを追いかけるのを仕事にする子も多いですね
庭に大きな穴を掘るのを仕事にする子もいるでしょう
とりあえず目に付いた家にあるものを破壊するのも仕事
 (ソファーを4つ完全に破壊した子の話を聞いて、大型犬はスケールがでかいと実感)
何にも見つからないと、とりあえず自分の手をなめたり、かじり壊すことをお仕事にしてしまう子もいるんです。

小さいうちからお仕事を与えて、「これは仕事」「こっちは仕事じゃないよ」とちゃんと教えてあげて
やる気たっぷりなこの子たちを、「無職」にしないであげてくださいね。

シェルティーはだいぶ家庭犬仕様になっている子も多いのですが、
それ以外の子たちはかなり牧畜犬の名残を残しているように思います。
特にボーダーやオゥシー、シェパードは相当プロ志向の方で、たっぷり犬との時間が取れる方でないと、あっという間に「頭がいいといわれて買ったのに、うちのはダメ犬」と言われるかわいそうな子を作り出してしまいます。

「賢い」「頭がいい」と言われているこれらのグループの犬種が、かなり深刻な問題行動を起こしてしまうことも多く、
その原因の大部分が飼い主が彼らの望んだ環境を用意してあげられないことにあります。
狭い部屋、不十分な運動、遊び方もルールも教えないでいると
仕事大好きな子たちはフラストレーションが貯まりに貯まって人にとって困った行動をしだすんですね。

牧畜犬を飼ったからといって、一緒に牧場と牛や羊をそろえるわけにはいきませんし
猟犬を飼ったからといって、銃を持って狩りに行くわけにもいかないですが
これらの犬種をパートナーに選んだ方は、適切な環境を作り
しっかりとした社会化と小さいうちからの適切なしつけをしてあげて、
お仕事大好きっ子たちを満足させて、疲れたいい犬にしてあげてくださいね。

一日中お仕事をしていたタフな彼らを「疲れさせる」には体力と頭脳が必要です。
もてる限りの体力と、場合によってはおもちゃなどの道具の力を借りて
わんちゃんとの「作業」を楽しんでください。

ちなみにこのスタッフさんのお宅は家族そろってものすごーい犬オタクで、訓練もたっぷりやり、
アジリティーやショーやなんかにもでちゃったりしていて、犬との「作業」をものすごく満喫しているようです。

そういうおうちで生き生きと暮らしている牧畜犬をみるといいな~と思いますね。
作業をするのが大好きなのがよくわかります。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチッと応援ありがとうございます。

参照:いい犬ってどんな犬?

箇条書きだとすばらしい犬種

はじめまして

・聡明で学習能力が高い
・小さくて持ち運びが楽
・活発で明るい
・優雅な容姿
・人が好きで飼い主をこよなく愛する
・毛が抜けない
・体臭が少ない

なんだかものすごくすばらしい犬種に思えませんか?

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ

ちなみにプードルの説明書きなんですけど、こうやって箇条書きしてみると
これ以上ないほどいい犬に思えますよね。

ちょっとべにをマジマジと見つめ、コレのことを書いてあるのか・・・と思ってしまいました。

これに実際に飼っている人として付け加えてみると

・聡明で学習能力が高い「ので」人を操るずる賢さがある。一言で言って、ナマイキ。
・活発で明るい≒チャカチャカしていて落ち着きがない。運動も結構必要。
・こよないラブがちょっと重荷です・・・。分離不安も多いですしね。
・毛が抜けない「けど」トリミングと日々のブラッシングは大変。
 優雅な容姿(?)を保つにはお金と手間がかかるのよう!


というわけで、箇条書きしてみるとすばらしい犬種だからといって、
誰にでも飼いやすい犬ではないということがいえるかと思います。
「犬種図鑑」にはいいことばかりが箇条書きにされているので
どの犬も自分に向いているすばらしい犬に見えちゃうんですよね。


そして

「賢い犬ならしつけが楽なんですよね?」と思っている人が多いんですが

むしろ逆。

少しぼんやりしている子のほうが、しつけはしやすいです。
誰の言うことでも素直に聞いて、裏表がない子のほうが初心者には扱いやすいでしょう。

賢い子は人を見て態度を変えるし、ごほうびのあるなしにかなり目ざとかったりします。
どうやって人を操るかを常に考えているような感じもあり、気が抜けません。
理解しているはずなのに、やらないなんてこともありますし、知らないフリをしたりもします。
賢い子をきちんと扱うには、こちらがその賢さの上を行かないといけませんので大変ですよ。

履歴書などで箇条書きにするとすごい人が、すばらしい人物とは限らないってことありますよね。
(うんうん、あるある。と妙に実感がこもるちまぎょろです)

プードルってそんな肩書きだけはゴージャスな感じをかもし出している気がします。

肩書きにだまされちゃうと、痛い目にあうこともあります。
プードルを家族に迎え入れる人は、心してかかってくださいね。

ちなみになんとなくですが、うちのべにはしゃべるとしたら敬語で悪態をついている気がします。

「うるせっつーんですよ!」
「いいからさっさとよこせっていうんですよ!」
「とうちゃんは甘いからチョロいんですよ ゲヘヘ」
(↑以上、勝手なアテレコでした)

あくまでイメージですが。ゴージャスとは程遠い・・・。

参照 プードルに飼われる

   小さい=飼いやすい?


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチッと応援ありがとうございます。

純血種のアレコレ

小太郎

昔「犬を飼う」と言ったら、近所で産まれた犬をもらってくるのが一般的だったような気がします。
私が幼きころ(20年くらい前)の仙台限定かもしれませんが。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ

実際、私の最初の愛犬リリーちゃんは父の同僚のおうちで産まれた子をもらってきた子でしたし
友達のおうちで飼いはじめたメリーちゃんも、うちの母のお友達のおうちで産まれた子犬をもらってきた子でした。
リリーちゃんが産んだ子は祖母の家に引き取られていきましたし、世の中ミックス犬だらけで
血統書付の犬はシーズーやマルチーズのような「座敷犬」だったり
シェパードや猟犬などのお仕事犬というイメージでした。

最近は病気の予防のためもあり、早めに避妊去勢を薦める病院も増えましたし、
昔ほどルーズではなくなったので、外で飼っていた犬がいつのまにか子供を産んだなんてこともなくなってますし、近所からもらうということはかなり少なくなっていると思います。

今は純血種をペットショップやブリーダーさんから入手することがほとんどなのではないでしょうか?

実家の仙台でも、近くの河原を散歩しているのはほとんどが純血種。
こまじろうのお散歩友達も純血種ばかりです。

うちのカルテも犬は8割以上が純血種で、ミックスは里親探しのボランティア団体から来た子たちばかりです(純血種でも、保護犬は多いですけどね)。
埼玉で働いていたときはもっとミックス割合が高かったので、都内という土地柄もあるとは思いますが
純血種は確実に増えていますよね。

純血種のいいところは、いろんな意味で想像がつくこと。
体重20キロになるチワワはいないでしょうし、成犬時で5キロのゴールデンもたぶんいないと思います。
毛が抜けない柴やコーギーはいませんし、
ハイパー犬の割合は間違いなく ジャックラッセルテリア>>セントバーナードでしょうね。

もともとが「それぞれの目的」のために交配されて作り出されている家畜ですから
サイズや毛の質、行動パターンや気質もある程度想像がつくんですね。

病気もそうです。
○○といったら○○病というのが、すごーく長いリストになっています。
ちょっとネットで検索をかければ、「○○がなりやすい病気」というのがいくらでもでてきます。
(今まで一回も見たことがないような超レアな病気とよくある病気がさも同率で起こるかのように併記されているのが気になりますけどね)

全部のその犬種がなるわけではありませんが、ある病気に関しては他犬種と比べて発症率が非常に高かったりしますし
遺伝的要因が強く絡んでくる病気が多い眼科などでは、犬種と病気の一覧表を覚えるのがまず最初だったりします。

先日のセミナーで講師の先生が「純血種には取り扱い説明書をつけることができるんです」といっていましたが、確かにそのとおりだと思います。

この犬はこういう目的で作られてここらへんで繁殖されて今に至っています。
大きくなったらこのくらいの大きさになり、外見的にはこういう特徴があります。
性格は○○○な子が多いです。こういう問題行動を起こさないように○○をがんばりましょう。
こういう病気が多いので、ケアはココに気をつけましょうね。

なんていう「取り扱い説明書」が書けちゃうわけで、これが必ずしも全員に当てはまるわけではありませんが、「これが一般的な○○」というスタンダードが存在しているのが純血種なんですね。

純血種はすべて「なにかのために」作られた犬種なので、それを忘れてはいけません。
雌牛が大量の乳を出すように改良を重ねられたように、
それぞれの犬種も目的に合わせて、姿かたちを変えられているだけでなく
よく吠えるように作られていたり、匂いに敏感に反応するように作られていたり
動くものに敏感だったり、声が野太かったりするんですね。

せっかく「取扱説明書」があるんですから、ちゃんと読んでみることって大切ですよね。
すでにわんちゃんと暮らしている人も、自分のパートナーがもとはどこでどんなお仕事をしていたのか
しっかり調べてみることをオススメします。なかなかおもしろいですよ~。

それにしても1キロ未満のチワワと100キロ以上にもなるセントバーナードやグレートデンなどの超大型犬が大本をたどると同じ犬とはとても思えませんよね。
ブリーディングというのは本当に奥が深いものです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチッと応援ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。