ちまぎょろ獣医日記~しつけ部屋~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お散歩のマナー(2)

犬好きがよくやってしまうお散歩の間違いなのですが

「犬同士は挨拶させるもの!」と思ってか

どんどん犬同士を挨拶させようと近づかせてしまうこと。

相手の様子も確かめないで、どんどん近づかせてしまって
けっか追いつめられた怖がりの子が噛んでしまったりすることもあります。

わんちゃんのお散歩がコミュニケーションの一環になることはよくあることだと思います。
べにを連れているだけで、いろんな人から声をかけられたりもしますし
普段他人同士が声を掛け合う事って少ないと思うので、とてもうれしいことです。

けれども犬同士となると、必ず挨拶をしなければならないわけではありません。
犬に任せて何となくお互いに自由にさせている飼い主さん同士を見かけたりしますが
急に吠えられたり、怒られたりしているのもよく見ます。

近頃のわんちゃんたちは、きちんとした挨拶の方法を知らない子が多いように思います。
相手が嫌がっているのに分からずにどんどん寄っていってしまって怒られたり
挨拶の礼儀をわきまえていなくて嫌がられたりと
「犬語」を理解できていない子がすごく多いんです。

相手の様子を見ずに、知らない犬にもどんどん挨拶をさせようとしてしまうのは、事故の元。
やらない方が無難です。
意外と「自分の犬は他の犬が苦手だ」と思っている人に限って
「がんばって挨拶しなきゃ!」と無理をさせてしまうことも多いんです。
そして逆に嫌な思いをさせてしまって、犬嫌いを増長させてしまうことも。

無理にお友達を増やそうとして、無理しないであげてくださいね。

<参照> 
  友達がいないとかわいそう?

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチッとありがとうございます!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。