ちまぎょろ獣医日記~しつけ部屋~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とにもかくにも管理から

からまった

年末はあわただしいですね。そんな中、一番増えるのは誤食。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ


本日も

 卵20個  もらい物のチョコレート20包  洋梨10個

お留守番中に食べていたという子が来ましたよ。
大型犬だけあって、やらかすスケールが違いますね。
(ちなみにうちの犬猫のやらかしっぷりはこんな感じ→衝撃の結末

誤食をさせないコツは?




と、聞かれれば

 犬を信用しないで、ちゃんと管理してください

としか言いようがありません。

トレーニングに限らず、犬との暮らしの基本は環境を整え、悪いことをできないよう管理すること。

いたずらし放題の環境においておいて、犬を「バカ」だと怒るのはやめましょうね。

いくらトレーニングをがんばっても、食欲を押さえつけることはできません。
盗み食いはやらない子は全然やりませんが、一度でもやらかした子は絶対に何度もやります。
留守の間のいたずら食い、ふと目を放した隙の盗み食いは管理するしかありません。


いくら怒っても、やってしまったことに対しては効果なし。

「反省しているフリをすればいいんだもんね~」

で絶対にまた盗み食いをします。


とにかく

・短時間だろうと何だろうと、犬と食べ物を一緒にしない

・前科者は鍵のかかる部屋をお留守番部屋にするか、ハウスに入ってもらう

・ゴミ箱はロックのかかるものにする

・頂き物もそのまま置かない(箱入りのお菓子も破壊して食べつくします)


ただおなかを壊す程度なら「またやられちゃったよ~」の笑い話ですみますが

犬にとっては危険なものを食べてしまうこともあります。


特に怖いのは串モノ、針。

意外と胃からわき腹に突き抜けて出てくるということがあるんですが(わき腹が膿んでいるときは串が出た痕であるというのはよく言われることなんだそうです)

腹膜炎になってしまうこともありますし、異物が原因の急性膵炎を起こして数日で死亡、という最悪のシナリオだってありえるんです。

取られまいと大慌てで丸呑みして腸に詰まってしまって開腹手術などということもあります。

もともと膵臓が弱い子だったりすると、普通の子では全然平気なケーキの生クリームや揚げ物系のものでも急性膵炎を起こしてしまうこともありますし、本当に危険ですね。

食べてしまったことにすら気がつかず、原因不明の嘔吐で調べてみたらなんと○○が!
というような事も結構あるんです。

「うちの子は絶対にいたずら食いはしません!」といっていたおうちでも、結局は誤食、なんてこともありました。


犬を信用してはいけません。

それなりに上背があったりして高いところの食べ物もとることができます。
ドアをあけることもできます。

「またやったか・・・」なんてのほほんと構えていられるのも今まで運がよかっただけです。

ちょっとの油断でせっかくの楽しい年末年始を最悪のものにしないためにも
特に心を引き締めて、管理を徹底してくださいね。

獣医さんの平和な年末年始のためにも、ひとつよろしくお願いします。

参照:こんなの食べてた(誤食)

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。

スポンサーサイト

文章の限界(3)

文章の限界、の続きです

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ

問い合わせや質問の文章だけでは、とてもとても大切なわんちゃんの気質と飼い主さんとの関係もほとんどわかりません。

怖がりな子なのか、強気な子なのか、人見知りな子なのか、社会性に富んだ子なのか

べったりくっついて依存しあっている関係なのか、飼い主さんより他人にかまってもらうほうが楽しいのか、

実際にあって様子を見せていただければすぐにわかることですが、お電話や文章からそれを推し量るのはかなり難しいです。

「噛むのがものすごくひどくて、危険で誰も手を出せません~」と言われて
どんなのがくるんだろうとちょっとドキドキしてたら
ごくごく普通のやんちゃな子だったり(もちろん私には噛みません)、

「分離不安だと思うんです」とお問い合わせをうけても
ちゃんと本人を見てみると、分離不安の要素はなくて、単にやることがなくて外の物音に反応しているだけで、環境を変えてあげたらすっかり吠えなくなったり

飼い主さんの最初の話と、実際に起こっている問題の本質が全然違うことはしょっちゅうなんです。

飼い主さんが例えば「うちの子はお留守番ができないから分離不安だ!」思い込んでそれに基づいて話をしたりするんですが
それが全然違うことも少なくありません。


病気と同じで、大切なのはその子がどんな子で、どうしてそういう問題を起こしているのか「診断」をつけて、それにあわせた対処をすること。

その子がどんな子なのかの「診断」を飼い主さんの話だけに頼ると、全然違った方向に進んでしまうこともあります。

また、「飼い主さんがどんな人なのか」も、とても大切なファクターだったりします。


ですからメールでもお電話でも「それは○○の可能性もありますが、実際にわんちゃんを見せていただいて、本人の様子を見て、詳しいお話を伺わないとなんとも言えませんね」としか言いようがないんです。

下手なアドバイスをして状況を悪化させてしまうことは避けたいですしね。

特に怖がりな子に関しては間違った対応をするとトラウマを作りかねませんし、そうなると一気に悪化させてしまいかねないのです。

文章に頼らずに、きちんとわんちゃん本人を診れるプロに相談するのが一番です。

一番重要な「診断」「治療」のすべてをタダで得られるネットの半端な知識に頼って自己流で対処していてはいつまでたっても事態は変わりません。

特に、ネットサーフィンなどで雑多な情報が並列に並んでしまっている状態だと、いろんなやり方がごちゃ混ぜになっています。

絶対に叱ってはいけない!という主義でしつけをしている人たちもいますし
体罰を使うのが当たり前、と言う人もいるでしょう
警察犬・訓練所方式でやる人たちもいるでしょう
「テレビでこんな方法がやっていたよ!」というどう考えても危険な方法が紹介されていたりもします。
ただのアクセスアップのための情報もありますし、商品を売るための宣伝文のこともあるんです

そんな方法のなかから、自己流で「効きそうなものを片っ端から試す」と言う方法は、しつけの中で一番やってはいけないこと(mixiのしつけ相談コミュなんかをみると、クラクラしますね)。

同じことをしても、時によって違う対処をされるのがわんちゃんを最も混乱させることになります。

面倒な手間を踏まずに、片手でいろんな人に相談できる便利な世の中になりましたが
「犬のしつけ」や「病気」についてはいい部分と悪い部分と両方だと感じていますし
むしろ中途半端で偏った知識をもち、不信感を持った人を増やすという意味では悪い面のほうが多い気がします。


ちょっと(かなり?)話がずれましたが、なんにせよ相談に関しては

 実際に見せてもらう>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>電話>>>>>文章

であることに変わりはありません。
お電話でのお問い合わせは、不明な点をその場で聞ける分まだマシですし、話し方その他で飼い主さんの性格もある程度はわかります。でも文章のみでは飼い主さんの性格もほとんどわかりませんし、飼い主さんの物語を一方的につづられているので、勘違いも多いんですね。


もちろん、伝える側も悪影響を与えそうなことはかけないですし、誤解を受けないように心がけながら書いたりしていますが、

文章でしつけを伝えることがどれほど困難なのかは「ブログ毎日読んでます!」といって
いらっしゃった熱心な方々のお話を聞くとわかります。
「○○と書いてあったのでやっているんですけど・・・」と言われても、
それがうまくできていない原因は別にあったり・・・
直接来ていただければ勘違いを修正したり、一緒に方法を考えることもできますが
実際にはいらっしゃらない読んでいるだけの人たちには全然伝わっていないんだろうな~と思います。

タイミングだけでなく、根本はなかなか伝わらないんだなというのを実感しますね。

私の文章力もまだまだなので、このブログだけに頼って「特に」問題行動への対処をするのはやめてくださいね。
それによって起こることに責任を取ることはできませんし、中途半端な情報を流すことで専門家への相談が遅れるのは私が望むことではありません。

文章でものを伝えることの限界を感じている、今日この頃です。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチッとありがとうございます。

参照:ネットの弊害

文章の限界(2)

なになに?


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ

しつけで特に大切なのは褒めるタイミング&メリハリ。

いくら本やネットで「いいことをしてから1秒以内に褒めましょう」と書かれていても
それをちゃんとしたタイミングで実践できている人にはあったことがありません。
(まあ、困っている人が病院に来るのでできていなくて当然なんですが)

人のタイミングがへんてこりんでも、人の言うことを聞いてくれるとってもおりこうな犬も中にはいますし、ちゃんとしたトレーニングを必要としない犬もいるというだけで
実際に一度も人に習わずに、犬とのトレーニング方法をマスターできる人はいないと思います。

水泳やスキーやフラダンスを本やネットで習うのが無理なように、
しつけも文章でマスターするのはほとんど無理だと思います。
犬とのコミュニケーションはある意味反射神経が命で、タイミングがすごく大切なんです。

何度も書いていますが、しつけはできる人に見てもらって
自分の褒め方、褒める方法、無視や道具の使用を含めた叱り方のクセ、
タイミングがおかしくないかちゃんとチェックしてもらうことが大切です。


実際に教室で見てみると、皆さん本当にいろいろなクセを持っています。


小型犬でなでられるのがキライな子なのに、褒めるときについつい頭をわしわしなでてませんか?
なでられるのがキライな子なら、なでるのは褒めていることにはなりません。

聞きもしない号令を連呼していませんか?

褒める声が小さすぎる、暗いということはないでしょうか?

変なタイミングでごほうびをつかっていませんか?

ごほうびの選択は間違っていませんか?


こういったちょっとした「間違い」は指摘されないと自分では気づかなかったりします。


自分ではちゃんとやっているつもりなのに、なぜかうまくいかない・・・という方。

それは何かが間違っているんだと思います。
たいていがちょっとしたことですが、根本的なことだったりするんですよ。

そんなわけで、一度ちゃんとできる人に見てもらうといいと思いますよ。


お近くの方はひまわり動物病院にいらしてみてくださいね。

お気軽にお問い合わせください。お待ちしています(十分にお時間が取れない場合がありますので、前もってご連絡いただければ幸いです)。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチッとありがとうございます!

文章の限界(1)

ふつう

電話やメールと実際では大違いな話です。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ

カウンセリングやパピーパーティーのお問い合わせのお電話を受けたりすると
「うちの子はお留守番ができないんです」「甘噛みに困っています」などなどいろんなご質問をうけます。

ネットからうちの病院を検索してきた方たちは、大抵熱心な方で
結構いろんな本を読んでいたり、ネットで「しつけの仕方」なるものをお勉強していたりします。

「書いてあることを一生懸命やっているのに、全然できないんです~」
「うちの犬はダメ犬なんでしょうか?」と半泣きになっていたりするんですが

実際わんちゃんを見てみて、じっくり話を聞いてみると
ほとんどの場合
本当の基礎の基礎
「環境を整える」「メリハリのある対処をする」「いいことをしたときにタイミングよく褒める」
「タイミングよく罰を使う(無視も含めて)」ができていなくて

「飼い主と犬とのコミュニケーション」がさっぱり~な状態なんですね。


そんな状態で頭でっかちにだけなっていて

「しかってはいけない」とか「褒めるなきゃいけない」だけ頭にインプットされて

実際は悪いことも放置して、ただ甘やかしていたり(その割には褒めることをしていなかったり)

我慢ぎりぎりまでは無抵抗に噛ませておいて、最終的に切れて押さえつけ、犬の逆切れにあっていたり
 ↑これ一番ダメなパターンですね。

ギャンギャン吠えている犬に一生懸命おやつをあげ続けてただのおやつ出しマシーンになっていたり
 ↑タイミングから言うと、完全に吠えを褒めている状態。

聞いていないのに号令だけ連呼して、無視されっぱなしになっていたり・・・

首へのショックなど犬に苦痛を与えるような方法を、知らずに使っていたり

とにかく環境が悪すぎて単にありあまるエネルギーが爆発しているだけだったり


例をあげるとキリがないですね。


飼い主さんたちはパニックになっていて「うちの子は異常だ!」と思っていたりするんですが
実際にわんちゃんと飼い主さんのペアを見て、詳しく話を聞いてみれば
ごくごく初歩的な部分ができていないだけ、というのがほとんどです。

で、その初歩的な部分を解決しながら、実際に目の前で一緒に実践してみると
ちゃんとできて
「あれ?ここではうそみたいにおりこうだ」
「こんなにおとなしくなっている状態をみたことがない」なんていわれたりするんです。


でもこのごくごく初歩的なところをきちんとやる、というのが実は一番大変です。


続きはまた次回・・・


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチッとありがとうございます!

明日はひさびさに子犬がそろうパピーパーティーです。かなり楽しみです。

叱る前に・・・

おすわってますけど


ちょっと難しい話ばかりになってきたので、ちょっと気分転換の話題を。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ

ひまわり動物病院ではカウンセリングや子犬向けのしつけ教室なども実施しているのですが(詳しくはお電話またはメールでお問い合わせください)

最初にお問い合わせを受けるときなど
 「叱り方」を教えて欲しい 「○○をやめさせるにはどうしたらいいですか?」
と聞かれることが多いです。

で、わんちゃんと飼い主さんのペアを観察させていただくと、
コミュニケーションがほとんど取れていない状態。

いたずらするまで自由にして、名前を呼んでも聞こえないふりをされ、
あれこれイタズラはじめてから「コラ、もーやめなさいよう」とやさしく抱っこ(以上、創作です)


なんどか話題にも出しているのですが、
「叱る前にまず褒めよう!」と声を大にしていいたいですね
普段からきちんとコミュニケーションをとったり褒めたりしていないのに

「これがいいと聞いたから」と「叱り方」だけをアレコレ試しても、
一瞬は効くかもしれませんが、その後ずっとそれをやめるかどうかはわかりません。
体罰などであれば、攻撃性を誘発してしまうことだってあるんです。

ちゃんとアイコンタクトや号令などでコミュニケーションをとって、
きちんと環境を整えて、「こっちが正解」と正しいことを教えてからはじめて
「これはやっちゃダメ」が効果を発揮するんです。

カウンセリングなどのごく短い間、おやつや褒め言葉を使って
わんちゃんとコミュニケーションをとるだけで、わんちゃんたちの表情って変わってくるんです。

飼い主さんの声がけは無視するのに、私の言葉には反応しますし
「落ち着きがなくて一瞬もじっとしていない」と言っていた子が
ずーっとオスワリをしてまっていたり
「魔法ですか?」と聞かれることもあるくらい。

このへんは声のトーンのメリハリとタイミングなので、
ある程度練習していただかないといけませんが、何度かやってもらうと
みなさん上手に褒められるようになります(詳しくはこちら→しつけの重要ポイント(1)


昔からトレーニングの格言として言われていることですが

 「1つ叱るなら10褒めろ」
逆の人のほうが、多いんじゃないでしょうか?

おすわってますけど
「かあちゃんも最近はおこりんぼだと思いますよ」

叱ることって反射的にしてしまいますが、褒めるのは意識的にしないと難しいです。
みなさん一緒にがんばりましょうね。はい。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチッと応援ありがとうございます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。