ちまぎょろ獣医日記~しつけ部屋~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いざと言うときのために

ふつう

9月13日に東海~関東に地震が起こるなんていう情報がありましたが

結局何にもおきませんでしたね。よかったよかった。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ

天災などもあるかもしれませんが、犬や猫を急に買うことができなくなって手放さなければならなくなる、ということは悲しいことですが、よくあることです。

転勤などによる引越し、海外出張、誰かが病気や怪我により世話をすることができなくなってしまったなどなど

新しい里親探しの相談を受けることも少なからずあります。

そんなとき、わんちゃんや猫ちゃんが人に慣れていて、攻撃性がなく、無駄吠えなどの問題行動がなければ大人でも里親が見つかる可能性は高いです。

実際に、飼い主さんに手放されてしまった子たちが、新しい里親さんのもとで大事にかわいがられていることも結構多いんです。

でも逆に「うちにとってはいい子だから別にいいのよ」ということで特にしつけもせず、
あちこちに粗相をして無駄吠えをする、気に食わないことがあると噛む、と言うような子だと
なかなか新しい飼い主を見つけることも難しくなってしまいます。

家族を手放すなんてことは考えたくはないですが、いざというとき人に安心して預けられる子にしておくことはすごく大切だと思います。

いろんなコマンドを覚えても、実はそれが一番難しかったりするんですけどね・・・。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチッと応援ありがとうございます

スポンサーサイト

看板犬・・・

はじめまして


こんにちは。ひまわり動物病院の看板娘、べにです。
あくまでウェブ上の看板娘です。病院にくるときは、たいていハウスの中です。

多忙な病院での勤務獣医をやめた後、うかれて国立や自由が丘のドッグカフェにべにを連れて行ったり、ペット可ペンションなどに泊まりに行ったものですが、最近はすっかりご無沙汰です。

なんででしょ?

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ

まあ気の合う友達同士でおうちに集まったり、実家に帰っちゃうのが気楽で楽しいというのが一番の理由ではあるんですが、
ドッグカフェやペット可ペンションであまりいい思いをしなかったから、というのもあります。

一度行ったペンションの看板犬のラブラドールは私やべにに対して吠え掛かってきて、さらに飛びついてきました。

本人にとっては「ようこそ!」の挨拶かもしれませんが、それは看板犬としてはよろしくないと思います。野太い声で吠えられたので、べにはすっかりびびってしまいました。
ちなみにオーナーは「NO~!!!」と言いながら霧吹きで水(?)をプシュプシュかけてましたが
効果はなさそうで、ご飯を食べに食堂に行くたびに吠えられました。
うちもゴールデンを飼っていますし、大きい犬も好きですが、お客さんに対して飛びついたり吠えたりするのはどうでしょう?

大型犬ではないのですが、やはり「他の犬が苦手です」という子がペンション内をうろうろしていて、
それはこの子にとって過酷なのでは?と不憫になってしまったこともあります。

カフェや犬グッズお店でも、お店のドアが開いたとたんに「ギャンギャン」吠えながらぐるぐる回っている看板犬(?)に会うことがあって、これはどうなんだろう?と思うことも多いです。

都内でもデッキは犬同伴可なカフェがあったりして、通りかかることもあるんですが
通り過ぎる間中ずっと「ワンワン・ギャンギャン」吠え続けている子もいたりして
同席しているだけで、吠えが伝染しそうなので、行くのをためらってしまいます。
実際、吠える子が近くにいると今までほえていなかった子までが吠えるようになるということはよくあることです。べにはもともと反応して吠える犬なので、クセ付けたくないんです。

私が行ったところがおかしかっただけで、きちんとしたところもたくさんあるんだとは思うのですが
今まで行った中で行ってよかった、また行きたいと思えるようなところがほとんどなく、新しく開発するのをやめてしまったというのが大きいです。
美味しくて、きちんとしたところならまた行ってみたいとは思っているので、情報お持ちの方はぜひ教えてくださいね。
近所にお気に入りの同伴可能なレストランはあり、たま~にべに連れで行きます。
でも混むとイヤなので公表はしません(ずるいですかね?すいません。だって大きくないところだから・・・)。直接ならこっそりお教えしますので、メールフォームからどうぞ。ちなみに小金井市です。

ドッグペンションやドッグカフェのオーナーになる人たちの中には、「犬好き」が高じてしまって自分の犬に対しても、他人の犬に対しても甘くてなあなあになってしまっている部分があると思います。
でもある一定のルールを守らないと、大変な無法地帯になってしまうこともあります。

いろんな飼い主さんやわんちゃんがきますし、お客様商売なのでお客さんに角が立たないようにルールを守ってもらうことはとても大変なことだと思います。
ペンションもドッグカフェも、たくさんできているようですが長く続けているところはそれほどは多くないようです。人気のドッグカフェだったところが、マナーの悪さで犬禁止になってしまったなどという話もきいたことがあり、日本ではまだまだ犬が集まるのは難しいんだなと実感します。

早期に親兄弟から離される事が多いための社会化不足なのか、飼い主のしつけに対する認識不足なのかその両方なのか・・・。

うーん難しい問題ですね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑いつもポチっとありがとうございます。

挨拶のマナー

はじめまして


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ



犬同士の挨拶もそうなのですが、人もかわいい犬がいるからといって
突然駆け寄ってきてなでまわそうとする人っています。

お子さんにも多いので、気をつけて欲しいのですが
やはり急に触られることを好む犬はあまりいません。

大型犬などは触られたりなでられたりが大好きな子も多いので
なでることが十分なごほうびになったりもするのですが、

小型犬にとってはお子さんでもかなりの威圧感があり、上から手を伸ばされたり
眼を見つめて近寄ってこられると、大抵の子が怖がって身を引いてしまいます。

わんちゃんの「怖いよ」サインを逃してしまうと、逃げ場がなくなった犬はうなったり噛んだりと
攻撃によって恐怖から逃げようとしたりします。

悪気無く「かわいがってあげよう」と寄っていくことが、トラウマを作ってしまうこともあるので
知らない犬に挨拶をしたいと思ったときには必ず飼い主さんに先に声をかけ、
挨拶しても大丈夫な子か、触っても平気かどうかを聞いてくださいね。


ただしい挨拶の仕方こちら
ひさびさに見て自分でもなんてアホなことをしているのかとちょっとあきれました。

ちなみに馬役はこみなと動物病院のコミナト先生です。

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチッとありがとうございます!

お散歩のマナー

プーです


チワワついでにお散歩ネタを。

お散歩って一体何なんでしょう?
「排泄のためのおでかけ」と勘違いされている方も多くいらっしゃいます。

「うちでは外じゃないとおしっこしないのよ」「毎日必ず出かけなきゃならなくて大変」
という話もよく聞きます。

でも、お散歩って排泄のためのお出かけでは決して無いんです。

特に住宅地では散歩中の排泄はやめたほうがトラブル回避のためになると思います。
自宅の前におしっこをされるのは、たとえ流されたとしてもいい気持ちはしないですものね。
落し物を置いていく人もけっこういたりして(これは論外ですよね)、一番のトラブルの原因になっています。
病院にも「犬におしっこをさせない方法はありませんか?」という問い合わせがコンスタントにあるんですよ。

ペット可物件やペット共生住宅でも排泄のトラブルが一番多いようです。
気にしない人は「犬なんだからおしっこしても当たり前」と思っているのか
マンションの入り口や廊下、果てはエレベーターの中でも排泄させてしまったりしているようで
大きなトラブルになっていますね。

自分の住んでいるところを犬や猫の排泄物で汚されるというのは
犬好きでも耐えられることではありません。
「犬は好きだけど、愛犬家は嫌い」といわれないように、
みんなで使うところをわんちゃんが汚すということのないようにしたいものですね。

ちなみにうちの近所にあるペットホテルバウワウガーデンでは、
おしっこをするとその場でペットボトルで流し、さらにすべてのお散歩が終わった後は
ブラシでしっかりおしっこを流してくれています。

もしお外で排泄をさせている方は、住宅街では特にペットボトルを用意して、おしっこを洗い流すようにしましょうね。

おうちの中でもトイレができるようにしておかないと、年をとってあちこち痛くなったときや、
どこかに預けられたとき、入院したときなども大変です。
練習でおうちのなかでトイレをさせることも不可能ではないので、大人の子でもぜひ練習をして、室内でも排泄できるようにしていただきたいと思います。

<参照>
ちまぎょろ獣医日記&べにっき お散歩上手


にほんブログ村のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチッとありがとうございます!

ペット可の意味

レストランです


最近はペット同伴でいろいろなところに行けるようになりました。

ドッグカフェやペット可の宿泊施設や観光施設も増えていますよね。

動物病院やトリミングサロンもそうですが、こういった公共の場にわんちゃんを連れて行くのであれば、

しつけをしっかりし、飼い主さんがマナーをしっかり守らないといけないと思います。

勘違いしてはいけないと思うのですが

「ペット可」=「あれこれやらかしても許される」ではありません


ペット可マンションだから吠えても大丈夫と無駄吠えを放置している方も多いですし

お店で排泄させほうだいだったり、最低限のマナーすら守らない人も。

「ペット可マンションなんだから、吠えても当たり前でしょ?」

「ペット可のお店なんだから、お店の人が片付けてくれるんでしょ?」 
                                  
                                という甘えは通用しません。

特に吠えや排泄の問題はマナー意識をしっかりもっていただかないと
特にペット可マンションなどでは大きな問題になっています。


「うちでも飼ってるから苦情を言いにくくて・・・」といいたいことを飲み込んでしまっていて

ある日突然不満が爆発!ということも多いんですよ。

苦情がきていない=問題ない というわけではないんですね。


ちょっとの吠え声にビクビクする必要はないと思いますが、吠え続けるのは迷惑になりますので
制御する方法を飼い主さんが学ぶべきだと思いますし

たくさんの人が出入りするところでは、マナー意識をより高くもつこと不可欠だと思います。

自分が気にならないからといって、他人がそうであると思ってはいけないと思います。

吠える声も毛も臭いも、犬好きにはかわいいものですが、そうでない人にとっては非常に気になるものだったりするんです。


マナー違反の飼い主さんやしつけ不足わんちゃんのせいで、
犬と暮らせる物件が減ったり、「これだから愛犬家は」といわれないように
一人一人がしっかり意識を持っていただければと思います。

参照
 ちまぎょろ獣医日記&べにっき ペット禁止の理由
 ちまぎょろ獣医日記&べにっき 義務と権利
mixi  集合住宅ペット管理会 仮管理人してます

にほんブログ村のブログランキングに参加しました。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
ボタンをポチッと応援いただけると幸いです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。