ちまぎょろ獣医日記~しつけ部屋~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬という生き物(1)

からまった


現在いわゆるペットブームになっており 犬をぬいぐるみやファッション感覚でなんとなく買ってしまう人も多いのですが

犬というのは、もともと「お仕事」のために作り出された「家畜」です。

お仕事にもいろいろあって、

 一緒に猟をする

 獲物を探す

 家畜の番をする

 特定のものを見つける

 犬同士闘う

など各犬種は目的に合わせて能力を伸ばすように作られているんです。



今現在は家庭の中で家族として暮らすのが目的の「コンパニオンアニマル」になっており

大きさや見た目、雰囲気などを重視して犬を選ぶ人が多いのですが

元は「家畜」であり「作られた生き物」であることをきちんと考えないといけません。


そういう子たちには人の中で暮らすためのルールをちゃんと教えてあげないと

作られた本能のままに動こうとします

 動くものがあれば追いかけ、コミュニケーションのために吠え、土があれば掘るでしょう。

 うれしいときに飛びついたり、噛んだりするのも子犬のコミュニケーションとしては普通ですし

 寝床以外はトイレなのも、犬にとってはあたりまえのことです。


大型犬だからしつけをしないといけない、小型犬だからしつけはいらないということはなく、
人間社会の中で暮らしていくためには

 すべての犬にルールとマナーを教えてあげることは必須

                                                なんです。



実は飼い主さんが「困った!」と思うことのほとんどが、犬としては当然のことをしているだけで

正しいことを飼い主さんが教えていないだけだったりするのです。


しつけをされていない犬は、しきたりを知らない外国で、何も教えられずにとりあえず自己流にすごしているようなもの。

それがたまたま人の都合にあっていれば問題ではないのですが、都合が悪いと「バカ犬」扱いされたりしているわけですね。

せめてルール説明くらいしてもらわないとね~、というのが「バカ犬」といわれた子たちの言い分じゃないでしょうか?


一緒に暮らすためには、まずは犬という生き物を理解し、正しい付き合い方を人が学ばなければいけません。

詳しくはこちらにも書かれていますので、参考にしてみてくださいね(ちょっと古いネタもありますが)。

  ちまぎょろ獣医日記&べにっき 犬の選び方

  ちまぎょろ獣医日記&べにっき 犬を飼う前に

にほんブログ村のブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
ボタンをポチッと応援いただけると幸いです。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。