ちまぎょろ獣医日記~しつけ部屋~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人気犬種ランキング

チワワ

ひさびさの更新になってしまいました。
だってこっちのブログ画像のアップその他が今までの3倍くらい面倒くさいんですもの。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ

アニコム発表の

2009年人気犬種が発表になりました

結果はこちら(アニコムニュースリリース



これは

2008年4月1日~2008年12月31日に

「どうぶつ健保」に加入した



0歳の犬67,170頭を集計したものだそうなので

多くはペットショップで購入された子たちだといえるかと思います。


 結果は

 1位がチワワ。前年2位から順位をあげての1位獲得だそうです。

 2位がトイプードル 前年3位。

 3位はミニチュアダックス 前年1位から順位を下げているそうです。



 特徴的なのは1~3位で全体の半数を占めてしまうこと。

 子犬が来たら半分の確率でチワワかトイプーかダックスということですね。

 確かにそうかもしれません。



5位に10キロ以下のmix犬がランクインしているのが特徴とのことですが

やはり住宅事情などから小型犬に人気が集中しているのかもしれませんね。



しかしこのページで

*****************************以下引用*****************************

「チワワ」は、体格が日本の住宅事情に適しており、室内でも気軽に飼育できることなど
から人気が高い犬種です。室内で十分に運動ができれば、屋外での散歩を必ずしも
必要としないため、独り暮らしでも飼育しやすいといわれています。

*******************************************************************

と書いてあるのはどうでしょう?


室内に閉じ込めることはびびりのチワワを増やす結果になるのでやめてほしいものです。

一人暮らしで他人と係わり合いにならない生活だと、なおさら他人嫌いもひどくなりそうですよね。

いい子ももちろん多いんですが、診察しにくい子が結構多いです。

触ろうとするるとムキムキ歯をむいたり

飼い主さんでも目薬がさせない、薬が塗れないなんていう方も多くて。

チワワこそしっかり社会化させてほしい犬種No1なんですけどね・・・。

「一人暮らしでも飼いやすくて、散歩が要らない犬」なんていないと思うんです。

そういう人は猫かウサギか亀(←けっこう好き)をオススメします。


 チワワの歴史
 チワワの震え
 小型犬とお散歩


にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッと応援ありがとうございます。

スポンサーサイト

猫にも慣れよう

それはプラゴミ


コレは麻呂。
とりあえず何にでも顔をこすり付けるグリグリ猫。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ


この子、大型犬も平気な貴重な猫なんです。本日のパピーパーティーのスペシャルゲストでした。

ぐりぐり


ジェットにもグリグリ


ベロベロ


グリグリしたら、なめられました。


猫を見たことがないと、獲物だと思って追いかけようとしたり、怪しがって散歩中に吠えたりします。
こういう犬を怒らない猫を見て、「こういう生き物もいるんだな」と経験しておくのは大切なことです。

今日参加の子たちは誰も怪しんで吠えたり、怖がったりはしていませんでした。
さすが心が柔軟な時期ですね。
犬は平気な麻呂ですが、人が集まっているのは怖かったらしく、積極的に子犬たちと触れ合えなかったのはちょっと残念ですが、危害を加えない猫を見かけておくだけでも十分にお勉強になります。

シャーシャー怒っている猫にパンチを食らわされれば、猫が嫌いになっちゃいますので、要注意ですね。


麻呂は本当に貴重なグリグリ猫です。これからも活躍してもらう予定です。

参照  麻呂にメロメロ   麻呂のその後     



にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチッとありがとうございます!

子犬の適応能力

今日もパピーパーティーが行われました。
今回の参加者はプリンちゃん(生後2ヶ月、Mダックス)、トランプ(生後3ヶ月 Mシュナウザー)、ジェット(生後3ヶ月 フラットコーテッド)の社会化期の真っ只中。

トランプジェット



子犬の適応能力の高さを見せ付けられて、ちょっと感動したちまぎょろとスタッフオマタさんでした。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
↑ポチッとしてから続きをどうぞ


↑の写真はトランプとジェットの対面。
最初は恐る恐るだったのですが、時間がたつにつれてうちとけて
臭いかぎかぎ

挨拶をして、ちょっと絡み合って遊ぶようになっていました。
これだけの大きさの差があっても、ちゃんと遊んでいるのがすごいですよね。
ジェットは2回目なので、押しすぎると嫌われるのがわかったのかちゃんと引き気味でしたし。
えらいえらい。

一番すごかったのが、今回写真を撮り損ねてしまったプリンちゃん(次回は必ず!)。
生後2ヶ月でまだ1キロ台のちびっこで、始まったときはフリーにしても
あちこちの臭いをかぐだけで全然他の子には興味を示さず、
誰かが寄ってきても逃げるだけだったんですが

3回目か4回目にフリーにしたとき(フリーで遊ぶ→オイデで呼んでごほうびを繰り返します)から
急に
遊びモードON!

トランプと大喜びで走り回っていました。
慣れるまでにちょっと時間がかかりましたが、慣れたらもうずーっと前からのお友達のように
ひっくり返ったりあむあむしたり、子犬らしく楽しんでいました。
子犬の適応能力は本当に高いですね。さすが社会化期!と感動しました。

このプリンちゃんの遊びモードON!のスイッチがどこだったのかはわかりませんが
最初から最後まで、無理強いしなかったこととなだめなかったことが重要だったと思います。
新しい環境におかれたら、それだけでわんちゃんたちは不安になってしまいます。
自由にして、あちこちの臭いをかいで、みんなが穏やかでいるのを見て、安心して遊ぶ気になったんでしょうね。

月齢が近い子たちだっということも重要なポイントだと思います。
自由にさせすぎず、ときどきは飼い主さんのところに呼んで、
リラックスするようにひっくり返しの抱っこ練習を繰り返したのもよかったのだと思います。
わんちゃんの様子を見ながら、あせらずに接してあげるのも大切なことです。
楽しく社会化させないと、トラウマを作るだけになってしまいますからね。

トランプジェット

トランプは、最初から割といろんな子に興味のある好奇心旺盛な子なのですが、
ジェットに対しては、「おまえつながれてるんだろ」「こっちこれないんだろ~」という感じで
ちょっかいを出しているいたずらっ子という感じでとてもほほえましかったです。

次回はスペシャルゲスト登場の予定。
楽しみです。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 しつけ・訓練へ
いつも↑ポチッとありがとうございます。


参照 いろんなものに慣らしましょう

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。